hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2013 > 【ハムフェア2013】<会場リポート>CQ ham radio編集部こだわりの縦振り電鍵「匠」のシリアルナンバー“000”を展示


【ハムフェア2013】<会場リポート>CQ ham radio編集部こだわりの縦振り電鍵「匠」のシリアルナンバー“000”を展示

GHDキーのブースで展示された「匠」「Vega」

GHDキーのブースで展示された「匠」「Vega」

評価が高くぜひ手に入れたいというユーザーも多い、CQ ham radio編集部オリジナル縦振り電鍵「匠」。その電鍵など同編集部オリジナル関連製品が展示され、実際に手に触れてその感触が味わうことができた。

 

 CQ出版社のCQ ham radio編集部が「こだわりの縦振り電鍵を作ろう!」をテーマに掲げて企画・ 製造したリジナルの縦振り電鍵「匠」。だがその価格は45,000円(税込み)と高価で二の足を踏んでいたユーザーも多いだろう。今回、製造元のGHDキーのブースで実機が展示され、多くのファンがそのキー感触を味わった。

 その匠は製造シリアルナンバー入りの限定品。その中でも展示されていたのはシリアルナンバー「000」の電鍵だった。厚みのある真鍮プレートに「S/N 000」の刻印が。ベースとなる素材はケヤキと鉄との2層構造。そしてツマミ黒檀(こくたん)の削り出しというこだわりの逸品である。その重量感は実際に触れてみないとわからない。併せて昨年発表されたモールス通信用小型電鍵「Vega」も展示されていた。

 なお、「匠」および「Vega」は、CQ出版社ブースでも展示されていた。

 

●関連リンク:

縦振り電鍵「匠」Takumi(CQ出版社)

モールス通信用小型電鍵「Vega」(CQ出版社)

実機を手に触って目にすることでわかるその重厚感

実機を手に触って目にすることでわかるその重厚感

なんと、シリアルナンバーが「000」という非売品

なんと、シリアルナンバーが「000」という非売品

モールス通信用小型電鍵「Vega」も展示され感触が味わえた

モールス通信用小型電鍵「Vega」も展示され感触が味わえた

こちらもシリアルナンバー「000」というもの

こちらもシリアルナンバー「000」というもの

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター