hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 北海道総合通信局、受信障害対策セミナー「解決困難な電波障害の事例と分析」を10月25日に開催


北海道総合通信局、受信障害対策セミナー「解決困難な電波障害の事例と分析」を10月25日に開催

環境クリーン月間行事の一環として、北海道総合通信局と北海道受信環境クリーン協議会は共同で、「受信障害対策セミナー」を10月25日(金)に札幌第一合同庁舎で開催する。セミナーには、関東総合通信局の電波監理部電波障害分析課長が講師を務める「解決困難な電波障害の事例と分析」というテーマもある。アマチュア無線家にとって興味のある演題と言えるだろう。なおセミナーは定員制で事前の申し込みが必要だ。

 

 

 

  セミナーは、地上デジタル放送の安定受信技術と放送などの電波障害に関する、さまざまな原因、事例およびその対策について理解を深めることを目的に開催される。

 

●受信障害対策セミナーの概要(同Webサイトより一部抜粋)

日時:平成25年10月25日(金) 14時から16時30分 (開場13時30分)

会場:札幌第1合同庁舎2階講堂(札幌市北区北8条西2丁目1-1)

 ※セミナー参加者の駐車場は確保していない

内容:

(1) 演題:「車載受信機による地デジ安定受信について」

       講師: パイオニア株式会社 研究開発部第9研究部 研究2課

(2) 演題:「解決困難な電波障害の事例と分析」

         講師: 総務省関東総合通信局 電波監理部

主催:総務省北海道総合通信局、北海道受信環境クリーン協議会

後援:一般社団法人日本CATV技術協会北海道支部、北海道電機商業組合

対象者:北海道受信環境クリーン協議会会員、一般

定員など:100名 (参加費無料)

申し込み方法: 参加希望者は、「受信障害対策セミナー参加希望」と明記し、氏名、団体名、所属、連絡先(電話番号など)を記入の上、10月23日(水)までにファックスまたは電子メールにて申し込む

※定員になり次第、締め切られる

 

●関連リンク:北海道総合通信局 「受信障害対策セミナー」を開催

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター