hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > VHF帯の遠距離も期待大! 太陽黒点数(sunspot)が「148」へ再び上昇中


VHF帯の遠距離も期待大! 太陽黒点数(sunspot)が「148」へ再び上昇中

10月11日に太陽黒点数(sunspot)が上昇していると伝えたが、「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」によると、10月15日にはさらに上回る「148」という黒点数を記録した。“黒点数が100を超えるとコンディションがよい”と言われる最近の状況の中で、着実に黒点数が上昇していることを物語っている。HFはもちろん、VHF帯でも遠距離交信に期待が膨らむ。

 

「太陽黒点情報 - 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2013年10月15日の太陽黒点映像

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2013年10月15日の太陽黒点映像

 

 

 HFは“秋のコンディションに変わってきた”と言われるようになった。ローバンドを中心にDX QSOが楽しめるようになり、ハイバンドではロングパスのリポートも届いている。一方で、太陽黒点(sunspot)は11年前後の周期で増減し、現在は「サイクル24」のピークを迎えていると言われているが、ここ数年「100」を超えることは少なかったのだ。

 そうした状況の中、10月11日のニュースで前日に「138」という近年まれに見る黒点数だったと紹介したが、ここ数日の上昇で10月15日には、さらに高い黒点数「148」という数値が「太陽黒点情報 ? 宇宙天気情報センター」から発表された。

 すでに6mバンドでは6エリアを中心にDX局の信号が聞こえ出し、HFはもちろん、V/UHF帯でも遠距離交信に期待が膨らむだろう。

 

 

10月15日のデータを見ると、さらに高い太陽黒点数「148」が表示されている(同Webサイトから)

10月15日のデータを見ると、さらに高い太陽黒点数「148」が表示されている(同Webサイトから)

 

 

 

●関連リンク:

・太陽黒点情報 ? 宇宙天気情報センター

・宇宙天気ニュース

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター