hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 【新製品速報】東京ハイパワー、430MHz帯オールモードパワーアンプ・HL-255UKXを発表


【新製品速報】東京ハイパワー、430MHz帯オールモードパワーアンプ・HL-255UKXを発表

株式会社東京ハイパワーは、50Wのドライブ電力で出力230Wが得られる、430MHz帯のオールモードパワーアンプ・HL-255UKXを10月24日に発表した。定価は144,900円(税込)。

 

東京ハイパワーの新製品、HL-255UKX(同社Webサイトより)

東京ハイパワーの新製品、HL-255UKX(同社Webサイトより)

 

 アマチュア無線や業務用リニアアンプのメーカーとして知られる株式会社東京ハイパワーは、430MHz帯のアマチュア無線バンドにおいて、50Wのドライブ電力で出力230Wが得られ、EME用途にも使用できる、オールモードのパワーアンプ・HL-255UKX(定価144,900円)を発表した。
 同機種はパワーアンプ部に最新のMOS FETである三菱電機のRD60HUF1を4個使用。1~50Wの入力電力で5~240Wの出力電力が得られる。また低雑音 GaAs FET、MGF1302Fを採用した受信プリアンプを内蔵し、DX通信に威力を発揮するという。
 サイズは 220W×86H×340Dmm、重量は約5.4kg。DC13.8Vで動作し送信時消費電流は最大36A。オプションとしてリモートコントローラーのHRC-60(4,179円)と、空冷ファン付きブラケットのHBK-300F(近日発売)がラインアップされている。
 同社のWebサイトによるとHL-255UKXの特徴は下記のとおり。

 

●HL-255UKXの特徴

・ドライブ電力50Wにて、出力230Wが得られる430MHz帯パワーアンプです。

・ハンディトランシーバーからモービル、50W固定機まで幅広く対応しています。

・PICマイコンによる保護機能を搭載しており、電源ライン電圧、アンテナの状態を常に監視しています。異常があれば自動的に動作を停止させトラブルを未然に防ぎます。

・パワーアンプ部には、最新のMOS FET(三菱電機製 RD60HUF1×4)を採用し、余裕のある出力を得ています。

・トランシーバーから入力電力を検出して、本機の送受信切換を自動的に行うキャリアコントロール機能を搭載しており、トランシーバーと同軸ケーブルをつなぐだけで運用が可能です(SSB、CW、FM、AMなどオールモードでの運用に対応)。

・ローノイズで定評のある低雑音 GaAs(ガリウムヒ素)FET(MGF1302F)を採用した受信プリアンプを内蔵しておりますので、DX通信に威力を発揮します。

 

HL-255UKXの内部(同社Webサイトより)

HL-255UKXの内部(同社Webサイトより)

 

この製品のスペックなど詳細は同社Webサイトで(下記関連リンク参照)で。

●関連リンク:HL-255UKX(東京ハイパワー)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター