hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > <パソコンでローテーターを制御可能!!>マルチタイプローテーターコントローラー「MRC-1」発売開始


<パソコンでローテーターを制御可能!!>マルチタイプローテーターコントローラー「MRC-1」発売開始

無線機器の販売や周辺機器の製造販売を行っているM-Phoenix(エム フェニックス)は11月4日、パソコンから各社のローテーターをコントロールできる、マルチタイプローテーターコントローラー「MRC-1」を発売開始した。

 

M-Phoenix MRC-1の外観。サイズは149W×54H×170Dmm

M-Phoenix MRC-1の外観。サイズは149W×54H×170Dmm

「狙っていた局が出てきたので、一刻も早く交信したい」という場合、無線機とローテーター両方の操作に手間取ってイライラした経験があるDXerも多いだろう。東京都世田谷区のM-Phoenix(エム フェニックス)は、パソコン上からローテーターをコントロールできる「マルチタイプローテーターコントローラー」のMRC-1(24,800円)を発売開始した。
 この製品はWindowsパソコンと、クリエート・デザイン、八重洲無線、エモテーターといった主要メーカーのローテーターをリンクさせるもの。ソフトの地図上の方向をマウスでクリックしたり、ローテーターコントロールに対応しているログソフト上でキー操作をすることで、ローテーターが自動的に目的局の方向へ回転し、自動的に停止するという便利な装置だ。
 主要スペックは以下のとおり。

●M-Phoenix MRC-1のスペック

・サイズ:149W×54H×170Dmm (突起物を含まず)
・対応OS:Windows XP、Vista、7、8
・対応ローテーター:各社のリモートコネクタがついているローテーターコントローラー
 八重洲無線(G-800DXA、G-1000DXA、G-2800DXAなど)
 エモテーター(750FX、1200FX、1300MSAなど)

 クリエート・デザイン(RC5-3P、RC5A-3P、RC5B-3Pなど型番の最後にPがつくタイプ)
・対応ソフトウェア:汎用ソフト(BGARTC)やログソフトのLogger32などからコントロール可能
・電源:
 八重洲無線、エモテーター:MRC-1の背面USB端子から
 クリエート・デザイン:ローテーターコントローラーのリモート端子から
・付属品:USBケーブル、ローテーターコントローラーとの接続ケーブル、取扱説明書
・価格:24,800円(発売記念特価:11月末まで22,800円)

 製品の詳細、購入(直販)方法などは下記関連リンク参照。

 

MRC-1のフロントパネル

MRC-1のフロントパネル

 

MRC-1の背面。ローテータやパソコンとの接続端子を装備

MRC-1の背面。ローテーターやパソコンとの接続端子を装備

 

●関連リンク:M-Phoenix

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター