hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 新刊情報 > 誠文堂新光社が月刊誌「子供の科学」2013年12月号を刊行


誠文堂新光社が月刊誌「子供の科学」2013年12月号を刊行

株式会社誠文堂新光社は、11月9日に月刊誌「子供の科学」2013年12月号を刊行する。連載記事「ボクらのアマチュア無線ライフ」では、アマチュア無線という趣味に免許と資格が必要な理由を、わかりやすく解説している。価格は680円。

 

「子供の科学」2013年12月号表紙

「子供の科学」2013年12月号表紙

 hamlife.jpでは、趣味(hobby)としての「無線」に関連した雑誌や書籍の刊行情報も紹介していく。誠文堂新光社が刊行している月刊誌「子供の科学」は、大正13(1924)年9月の創刊という老舗雑誌で、まもなく創刊90周年を迎える。同誌が今年行った読者(小中学生が中心)アンケートによると、取ってみたい資格の第1位が「アマチュア無線」という結果になり、アマチュア無線界からも注目されている。

 通巻932号となる2013年12月号は、「最新アイソン彗星観測ガイド」を特集。ほかに「うまく使えばこんなに役立つ静電気」「世界一の砕氷艦“しらせ”で潜入」など。また2013年ノーベル賞も速報している。
 連載「ボクらのアマチュア無線ライフ」の今号では、アマチュア無線という趣味に、どうして「資格」や「免許」が必要になるのかをイラストや表入りでわかりやすく解説。また不法無線局探索車も紹介している。
 同誌に関する詳細は、下記関連リンクより。

 

 

 

●関連リンク:コカねっと!(誠文堂新光社)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター