hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 八重洲無線、特定小電力ハンディ機の新製品「FTH-307/FTH-307L」「FTH-308/FTH-308L」を発表


八重洲無線、特定小電力ハンディ機の新製品「FTH-307/FTH-307L」「FTH-308/FTH-308L」を発表

八重洲無線株式会社は11月8日、特定小電力ハンディトランシーバー(400MHz帯)の新製品「FTH-307/FTH-307L」と「FTH-308/FTH-308L」を発表し、Webサイトに掲載した。税込価格はFTH-307/Lが16,590円、FTH-308/Lが20,790円。

八重洲無線が11月8日に同社Webサイトに掲載した、「FTH-307/FTH-307L」「FTH-308/FTH-308L」は、いずれも単3乾電池1本で動作するコンパクトな特小ハンディ。ボディサイズと基本デザインはほぼ同一だが、搭載機能や防塵・耐水性能の違いで「FTH-307」と「FTH-308」に分かれ、それぞれ電波の飛距離を重視したロングアンテナタイプのFTH-307L、FTH-308Lをラインアップしている。概要は以下のとおりだ。

 

八重洲無線の特定小電力ハンディ機、左からFTH-307、FTH-307L、FTH-308、FTH-308L

八重洲無線の特定小電力ハンディ機、左からFTH-307、FTH-307L、FTH-308、FTH-308L

★「FTH-307/FTH-307L」「FTH-308/FTH-308L」特徴
・超小型・軽量コンパクトボディ
・かんたん操作、シンプルなキーレイアウトと大型ディスプレイ
・単三形乾電池1本での運用ができる省電力設計
・IP55相当の防塵・防水性能(FTH-307/307L)
・IP67相当の防塵・防水性能(FTH-308/308L)
・155通りのグループコード設定
・通話エリアを拡大する中継通信対応
・高利得ロングアンテナモデルをラインアップ
・特定の相手を呼び出すセレコール機能
・会話のプライバシーを守る秘話モード
・相手が通話圏内にいるかわかるコールバック機能
・空きチャンネルを自動で選択するオートチャンネルセレクト機能
・電池の消耗を防ぐオートパワーセーブ機能
・送受信切り替え時の雑音を除くPTTディレイ
・受信専用モード(ガイドシステム子機としての利用など)
・ボタンを1度押すだけで送信状態を維持するPTTホールド機能
・複数台に設定をコピーするワイヤレスクローン機能
・受信チャンネルをサーチするスキャン機能
・緊急の状態を知らせるエマージェンシー機能(FTH-308/308L)
・送・受信を知らせるLEDインジケータを装備(FTH-308/308L)

★税込価格
 FTH-307/307L:16,590円
 FTH-308/308L:20,790円

★共通スペック
・送受信周波数(12.5kHz ステップ)
 1~9ch:422.2000MHz~422.3000MHz
 01~11ch:422.0500MHz~422.1750MHz
・中継装置使用時:
 10ch~18ch:送信440.2625MHz~440.3625MHz/受信421.8125MHz~421.9125MHz
 12ch~29ch :送信440.0250MHz~440.2375MHz/受信421.5750MHz~421.7875MHz
・電波型式:F3E/F2D
・通信方式:単信および半複信方式
・送信出力:10mW 以下
・低周波出力:40mW以上
・動作温度範囲:-10℃~+50℃
・動作電圧範囲:DC1.0V~1.7V
・本体寸法:46.0W×80.0H×22.0Dmm
・本体重量:約105g(単三アルカリ乾電池装着時)※ショートアンテナモデル

 

 なお販売店情報によると、発売は11月初旬~中旬の模様。製品の詳細は下記関連リンクで確認して欲しい。

 

●関連リンク:
・商品情報 FTH-307/FTH-307L(八重洲無線)
・商品情報 FTH-308/FTH-308L(八重洲無線)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター