hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > K7RAによる太陽黒点状況


K7RAによる太陽黒点状況

10月31日から11月6日までの1週間、太陽活動は緩く下降気味だった。一日平均太陽黒点数が161.6から131.7と約30ポイント前週より減少。一日平均ソーラーフラックス値も158.3から146と12ポイント以上下げた。地磁気指標は静かだった。しかし、依然として活動は強く、11月4日~6日の3日間は週平均値より高い黒点数をみせた。ソーラーフラックスも同様で週平均値より高い値が出ている。

 

 私たちは「ソーラーフラックスのピークは11月22日~25日の155」と予想していたが、この期間の最新予想は135~140とピークは移動したと考えている。新しい予想では、11月8日150、9日155、10日160、11日~12日155、13日150、14日~15日140、16日135、17日~20日130、21日~22日135、23日~28日140、11月29日~12月1日145、12月2日140、12月3日~6日135である。

  数名の著名なDXerたちは、「10月最後の週末(10月26日~27日)が、HFや6mでの伝搬のピークだったのではないか」と話している。

 なお10月31日から11月6日の太陽黒点数は平均131.7で、10月31日128、11月1日95、2日123、3日143、4日151、5日134、および6日148であった。(ARRLニュース 11月8日 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク: 「The K7RA Solar Update」ARRL NEWS

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター