hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > TS-590をPCでコントロールする専用アプリケーションと、新ファームウェアを本日公開


TS-590をPCでコントロールする専用アプリケーションと、新ファームウェアを本日公開

株式会社JVCケンウッドは12月6日、HF~50MHz帯のオールモードトランシーバー・TS-590シリーズをパソコンでコントロールするための専用アプリケーション「ARCP-590 Ver.1.03」と、新ファームウェア「Ver.1.08」を公開した。

 

 

HF~50MHz帯のオールモードトランシーバー・TS-590シリーズ

HF~50MHz帯のオールモードトランシーバー・TS-590シリーズ

 

 

●パソコンでコントロールするための専用アプリケーション「ARCP-590(Ver.1.03)」(同Webサイトから)

・このソフトウェアは株式会社JVCケンウッド製アマチュア無線機 TS-590S/D/Vをコントロールする専用のアプリケーションです。

・このソフトウェアはPC上でTS-590S/D/Vを操作することができます。

・このソフトウェアからTS-590S/D/Vのメモリー、メニュー、オート・モード周波数などの情報をPCで編集、保存したり、さらにTS-590S/D/Vに書き込んだりすることができます。

・このソフトウェアはKENWOOD NETWORK COMMAND SYSTEMを利用してTS-590S/D/Vを遠隔操作することができます。

 

●TS-590S/D/Vの新ファームウェア(Ver.1.08)(同Webサイトから)

1)スプリット運用時、送信中に[同調]ツマミ(メインエンコーダー)を回したときの周波数可変の対象が従来は送信側VFOでしたが、受信側VFOに切り替えることもできるように仕様を追加しました。

・受信側VFOに切り替えるには、[SPLIT] キーを押しながら電源をONにします。7セグメント表示部の右端桁のドットが、パワーオンメッセージ表示のあとに毎回約2秒間点滅し、受信側VFOに切り替わっていることを示します。

せてアップデートしました。

2)PCコマンドで周波数帯を切り替えると、スプリット運用で送信できない場合がある不具合を修正しました。

3)VFO Bでバンドメモリーが正しくバックアップされない場合がある不具合を修正しました。

 

 

●関連リンク:

・KENWOOD Radio Control Program ARCP-590 Version 1.03(JVCケンウッド)

・TS-590S/D/V ファームウェア アップデートのお知らせ(JVCケンウッド)

・株式会社JVCケンウッド TS-590シリーズ

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター