hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 新刊情報 > <山田耕嗣コレクション 幻の激レア音源CDが付録>三才ブックスが「BCLライフ2014」を刊行


<山田耕嗣コレクション 幻の激レア音源CDが付録>三才ブックスが「BCLライフ2014」を刊行

株式会社三才ブックスは、12月17日にムック「BCLライフ2014」を刊行する。現役BCLが教える実践的で最新の情報を網羅した内容が特徴だ。特別付録として「山田耕嗣コレクション 幻の激レア音源集」CDも付く。価格は1,600円。

 

BCLライフ2014

BCLライフ2014

 

 hamlife.jpでは、趣味(hobby)としての「無線」に関連した雑誌や書籍の刊行情報も紹介している。三才ブックスは現役BCLファン向けに、海外放送受信に役立つ実践的な情報を満載した「BCLライフ」を2010年から毎年刊行している。通巻4冊目となる「BCLライフ2014」では、いま聞いておくべき放送や、おすすめの受信機材などの記事を掲載。さらに“BCLの神様”こと、放送評論家の故・山田耕嗣氏の音源コレクションのCDが付録になっている。
 同社Webサイトによると、おもな記事は下記のとおり。

<内容>
●カラー企画
・ラジオNIKKEI赤坂本社 57年の記憶
・「EDXC2013」レポート
・BCL機器カタログ2014年版
・海外放送 魅惑のベリカード集
・BCLラジオ 自分で出来るメンテナンス
・ロシアの声・日向寺アナ特別寄稿 モスクワから届け「人間の声」!
・Studio1 with PERSEUSことはじめ

●第1章「海外放送の最新情報」
・いま聞ける海外放送~日本語放送編
・いま聞ける海外放送~外国語放送編
・バンド別 ねらい目の常連局・DX局
・BCLは「グローバル化を先取りした」趣味である!
・続 短波放送はなくなるのか?

●第2章「受信機材使用レポート」
・小型高性能中華ラジオを徹底比較!
・AOR LA800使用レポート
・格安受信機 FDM-S1使い方ガイド

●第3章「もっと楽しく!BCLライフ」
・海外現地受信の新たな楽しみ方 オーストラリア編
・朝鮮中央放送の音楽大研究
・古いBCLラジオの賢い買い方
・BCLラジオ ネットオークションでの相場
・「懐かしの激レア海外放送音源」の楽しみ方

●特別付録CD「山田耕嗣コレクション 幻の激レア音源集」
・ラジオマルタ日本語放送(日本語放送初日のもの)
・BBC日本語放送(50周年特別番組)
・ラジオローマ日本語放送(日本語放送最終日のもの)
・FEBC/KGEI日本語放送(日本語放送最終日のもの)
・FEBC/KFBS日本語放送
・ラジオフィンランド英語放送(特別に日本語IDが出たときのもの)
・RCI(ラジオカナダインターナショナル)日本語テスト放送
・ウランバートル放送局 日本語放送(1979年?)
・IS集 ほか

 

BCLライフ2014の特別付録CD

BCLライフ2014の特別付録CD

 

●関連リンク:BCLライフ2014(三才ブックス)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター