hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > ISS船外活動で故障したポンプを修理する2人のハム宇宙飛行士


ISS船外活動で故障したポンプを修理する2人のハム宇宙飛行士

国際宇宙ステーション(ISS)第38次長期滞在クルーのうち、マイク · ホプキンス宇宙飛行士(KF5LJG)とリック ・ マストラキオ宇宙飛行士(KC5ZTE)の2人のハムは、12月21日、23日、25日の3回に分けて船外活動を行い、ISSの外部熱制御システムの冷却ポンプを修理する。この故障はすでに「ARISSスクールコンタクト」のアマチュア無線交信予定の1つを延期させている。NASAマネージャーも12月20日に予定されていた貨物補給ミッションを1月以降に延期した。NASAは複数回の宇宙遊泳または船外活動でホプキンス飛行士とマストラキオ飛行士が故障したバルブをポンプモジュールから外し、外部プラットフォームにあるスペア部品に交換する、としている。

 

ハム資格を持つ2名の宇宙飛行士が船外活動で修理を行うことになったISS

ハム資格を持つ2名の宇宙飛行士が船外活動で修理を行うことになったISS

 

 スクールコンタクトのスケジューラーであるチャーリー・スファナ氏(AJ9N) は、12月16日に予定されていたイタリアの学校との交信予定を1月に延期したと述べた。しかし、ISSのこの問題が今後のARISSスクールコンタクトに影響を与えるかどうかははっきりしていない。

「すべての交信スケジュールを終わらせるよう取り組んでいるが、それはかなり厳しい状況だ」とスファナ氏はARRLに語った。「次の週の2つの交信予定が、まだスケジュール確定されておらず、おそらくぎりぎりでの意思決定になる。船外活動日にすべてがうまくいくことを願っている」 (ARRLニュース 12月18日 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL)

 

●関連リンク:

「Two Ham-Astronauts to Repair Faulty Pump During Multiple Spacewalks」ARRL NEWS

国際宇宙ステーション外部排熱システムの異常への対応状況について(JAXA)

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター