hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > 南極点のアムンゼン・スコット米国基地から「KC4AAA」運用へ


南極点のアムンゼン・スコット米国基地から「KC4AAA」運用へ

南極点にある「アムンゼン・スコット米国基地」に派遣されたJoe Musachia氏(W5FJG、通信技術士兼トレーナー)は、基地内のアマチュア無線局「KC4AAA」を運用する予定だ。 20m用の6エレと、40m用の3エレで出力は1kw、米国に向けてモノバンド、欧州向けに3バンドでの運用が準備されている。

 

南極点付近にあるアムンゼン・スコット基地

南極点付近にあるアムンゼン・スコット基地

 

「KC4AAAにはCWを運営する能力がないので…」と彼は言い、2014年11月までの冬の季節、平日と数回の週末だけSSBでオペレートする。 彼自身も3エレメントの17mバンドで今月コンディションが上がりそうな北米との交信を期待している。 現在ほとんどの交信は20mバンドで行われている。ぜひ14.243MHz付近で、W5FJGが運用するKC4AAAをワッチしてほしい。QSLはLarry Skilton氏(K1IED)へ。 (ARRLニュース 1月8日 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:

・「KC4AAA to be Active from South Pole Station」ARRL NEWS

・Amundsen-Scott South Pole Station

・KC4AAA(qrz.com)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター