hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アプリ情報 > GPS機能で現在地の「JCC/JCGナンバー」「市区町村名」をワンタッチで表示! iOS 7対応アプリ「QTH Locator QBIC」登場


GPS機能で現在地の「JCC/JCGナンバー」「市区町村名」をワンタッチで表示! iOS 7対応アプリ「QTH Locator QBIC」登場

移動運用などの際、「ここはどこの市区町村?」「JCC/JCGナンバーは?」といったことが簡単にチェックできる、iPhone、iPad用iOS 7対応アプリ「QTH Locator QBIC」を、QSLカード印刷会社のキュービックが1月13日に公開した。GPS機能を利用し、マップ上に現在地とそのJCC/JCGナンバーを表示するほか、検索機能などで「ユーザーが指定する任意の場所」のJCC/JCGナンバーや住所情報が取得できる。価格は無料。

 

iOS 7用アプリ「QTHLocatorQBIC」がApp Storeで1月13日にリリース

iOS 7用アプリ「QTHLocatorQBIC」がApp Storeで1月13日にリリース

 

●「QTH Locator QBIC」(同アプリApp Storeから)

 

・対応機種:iOS 7.0以降。iPhone、iPad、iPod touch対応。iPhone5用に最適化済み

 

・機能:

アマチュア無線の移動、固定局がGPS機能を利用してQTH情報を得るためのアプリ。現在地の情報を得ること以外にも地図上の場所指定、住所入力をしての場所指定でもQTH情報の取得が可能なので過去の移動運用時のQSLカードを発行・印刷するのにも便利なQTH取得アプリです。

 

・価格:無料

 

ios-qthlocator-3 ios-qthlocator-4 ios-qthlocator-5

 

 

●関連リンク:

・iOS 7用アプリ「QTHLocatorQBIC」(App Store)

・「QTHLocatorQBIC」各部の説明など(キュービック)

・キュービック

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター