hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > あなたのコールサインは確認できた!? 「FT5ZM」オンラインログサービス始まる!


あなたのコールサインは確認できた!? 「FT5ZM」オンラインログサービス始まる!

日本時間の1月26日(日)夕方から10mバンドのSSBと17mバンドのCWで運用が始まった、南インド洋に浮かぶ孤島「アムステルダム島(仏領)」からのDXペディション、「FT5ZM」(1月27日記事)。すでに多くのJA局がQSOに成功している模様だが、30日未明にQSOが成功したかを確認できる「オンラインログ(ログサーチ)」へのデータ提供が始まった。

 

ft5zm-onlibelog-4

 

 オンラインログは現地からのログデータをサーバーにアップし、QSOの有無をネット上で確認できるというもの。近年行われるほとんどのDXペディションは、このオンラインログサービスを行っている。「交信成立!」と思っていても、オンラインログでコールサインがヒットしないケースもある。DXerは自局のコールサインの有無を確認し一喜一憂する。実際はリアルタイムにデータがアップされるのではなく、数時間から数日のタイムラグがあるケースが多い。

 また、ペディション局が運用を行っているバンドとモードを1つでも多く交信して潰していく「マス目(スロット)つぶし」もDXerの楽しみになっているようだ。ちなみにFT5ZMは現在、10mバンドSSB/CW、12mバンドSSB/CW、15mバンドSSB/CW、17mバンドSSB/CW、20mバンドSSB/CW、30mバンドCW、40mバンドSSB/CW、80mバンドCW、160mバンドCWの15に及ぶサービスを行っている模様だ。

 

FT5ZMの「オンラインログ(ログサーチ)」画面。自局のコールサインを入力すると交信の有無がわかる

FT5ZMの「オンラインログ(ログサーチ)」画面。自局のコールサインを入力すると交信の有無がわかる

 

文字通り“マス目潰し”。各バンド、各モードで交信できたか確認できる。日本時間1月30日午前11時現在、トップ表示だったOE3GCU局のコールサインを入力してみた

文字通り“マス目潰し”。各バンド、各モードで交信できたか確認できる。日本時間1月30日午前11時現在、トップ表示だったOE3GCU局のコールサインを入力してみた

 

 

●<15年ぶりのQRV>ついに“祭り”が始まった! 南インド洋に浮かぶ孤島「FT5ZM」、大規模DXペディションがスタート

●大反響のFT5ZM・アムステルダム島DXペディション

 

 

●関連リンク:

・「FT5ZM」オンラインログ

・INTERNATIONAL HAM RADIO EXPEDITION TO AMSTERDAM ISLAND 2014「FT5ZM」

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター