hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > D-STAR > <写真で見る>新たな情報満載!! アイコムの新製品「ID-5100」の細部を初撮影


<写真で見る>新たな情報満載!! アイコムの新製品「ID-5100」の細部を初撮影

1月30日にアイコム株式会社から発表されたばかりの、144/430MHz帯D-STAR対応モービル機・ID-5100が「アイコムアマチュア無線フェスティバル in 東京」の会場で初めてお披露目された。hamlife.jpが初撮影した、ホットなリグの詳細を紹介しよう。

 

展示されたID-5100。左手前は無償提供予定のAndroidアプリ(RS-MS1A)を導入したスマートフォン、その右側はオプションのBluetoothコントローラーのVS-3

展示されたID-5100。左手前は無償提供予定のAndroidアプリ(RS-MS1A)を導入したスマートフォン、その右側はオプションのBluetoothコントローラーのVS-3

 

 アイコムが1月30日に発表した144/430MHz帯のD-STAR対応モービル機、ID-5100。公表されたプレスリリースの内容はミニマムなもので、スペックの詳細も明かされていなかった。そこで「アイコムアマチュア無線フェスティバル in 東京」の会場で実動展示された同機種を撮影し、取材した内容とともに紹介しよう。
 なお、会場で撮影したID-5100の詳細な「動画」も別記事で紹介しているのでぜひ参考にして欲しい。

★会場での取材で判明したこと
・GPSレシーバーは、操作部の上部に内蔵。国産の準天頂衛星「みちびき」からの測位信号も受信可能で、より精度の高い位置情報が短時間で得られる

・サイズは現時点で「非公表」だが、展示機を簡易計測したところ、操作部は182W×82H×25Dmm程度、本体は150W×40H×173Dmm程度だった(いずれも突起物を除く。本体背面ヒートシンクまで入れると+15mm)

・操作部にはマイク端子やスピーカーは装備していない。「ぜひBluetoothによる無線マイクを活用してほしい」という説明がなされていた

・受信周波数範囲は現時点で非公表だが、ディスプレイ上で周波数は「118~175MHz」「375~550MHz」の範囲を表示した(一部の周波数帯を除く)。実際にこの範囲が受信できるかは不明。AMモードはいわゆるVHF帯エアーバンドの範囲のみ

・D-PRSはGPSで取得した位置情報だけでなく、任意の位置情報やアイコン類、簡単なメッセージなども送信可能

・APRSには対応していない。「これはアイコムの“コミュニケーションの主体は音声による交信”というポリシーによるもの」という説明がなされていた

・オプションのBluetoothコントローラ+イヤホンのVS-3はPTT、マイク、イヤホン端子を装備したほか、機能の定義づけが可能なボタン類を左右に配置。充電は下部のミニUSB端子で行う。フル充電時の使用可能時間は約8時間。なお使用にはオプションのBluetoothユニット(UT-133)を本体内部に装着する必要がある

・BluetoothでスマートフォンとリンクできるAndroid用のアプリを無償提供予定。なお「iPhone(iOS)用のアプリは諸条件から、すぐの提供は難しい」とのこと

 

ID-5100の操作部。サイズは公開されていないが実測で182W×80H×24Dmm程度だった。D-STARも2波同時待ち受けが可能

ID-5100の操作部。サイズは公開されていないが実測で182W×82H×25Dmm程度だった。D-STARも2波同時待ち受けが可能

 

タッチパネルによる表示画面の例。左上:D-STARの2波同時待ち受け時、左下:QUICK設定モード、右上:周波数のダイレクト入力画面、右下:メニュー画面

タッチパネルによる表示画面の例。左上:D-STARの2波同時待ち受け時、左下:QUICK設定モード、右上:周波数のダイレクト入力画面、右下:メニュー画面

 

操作部の背面。2つのビス穴があり、ここに固定用ブラケットを装着する。マイク端子もスピーカーもない分、薄型でシンプルだ

操作部の背面。2つのビス穴があり、ここに固定用ブラケットを装着する。マイク端子もスピーカーもない分、薄型でシンプルだ

 

本体のサイズは実測で150W×40H×170Dmm程度(いずれも突起物を除く。本体背面ヒートシンクまで入れると+15mm)。マイク端子と操作部とのコントロールケーブル端子がある。その左側にはSDメモリーカードスロットを装備

本体のサイズは実測で150W×40H×173Dmm程度(いずれも突起物を除く。本体背面ヒートシンクまで入れると+15mm)。マイク端子と操作部とのコントロールケーブル端子がある。その左側にはSDメモリーカードスロットを装備

 

背面。アンテナ端子は1つ(ダイバシティ受信は非対応)、ほかにクーリングファン、データ端子、スピーカー端子×2つを装備。電源ケーブルの末端はT型

背面。アンテナ端子は1つ(ダイバシティ受信は非対応)、ほかにクーリングファン、データ端子、スピーカー端子×2つを装備。電源ケーブルの末端はT型

 

多機能リモコンマイクのHM-207が標準装備される

多機能リモコンマイクのHM-207が標準装備される

 

オプションのBluetoothコントローラ-・VS-3。側面に定義づけが可能なボタン類を装備。背面はタイピンで背広の襟などに留められる

オプションのBluetoothコントローラ-・VS-3。側面に定義づけが可能なボタン類を装備。背面はタイピンで背広の襟などに留められる

 

無償提供が予定されているAndroid用アプリ(RS-MS1A)の画面例(4つ)。ID-5100の各種設定や、スマートフォンで撮った画像をD-STAR交信中に相手へ送ることも可能

無償提供が予定されているAndroid用アプリ(RS-MS1A)の画面例(4つ)。ID-5100の各種設定や、スマートフォンで撮った画像をD-STAR交信中に相手へ送ることも可能

 

こちらもチェック!!

<動画公開>アイコムの新製品「ID-5100」の詳細を動画でチェック!!
http://www.hamlife.jp/2014/02/04/icom-id5100-movie1/

<動画公開>話題の新製品「ID-5100」をアイコムのスタッフが説明!!
http://www.hamlife.jp/2014/02/04/icom-id5100-movie2/

 

<動画公開>3分50秒でわかる!!「アイコムアマチュア無線フェスティバル in 東京」の展示と講演
http://www.hamlife.jp/2014/02/03/icom-tokyo-event-movie/

 

●関連リンク:

・デジタルもアナログも進化した次世代モービル機ID-5100/D(アイコムプレスリリース)
・アイコム株式会社

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター