hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > 国際宇宙ステーション、「CubeSat」の放出と「ハムビデオ」ミッションを延期


国際宇宙ステーション、「CubeSat」の放出と「ハムビデオ」ミッションを延期

国際宇宙ステーション(ISS)の2つのアマチュア無線関連の活動が延期された。2月6日に予定されていたアマチュア通信衛星「CubeSat」の放出は延期され、新しい日程は発表されていない。NASAは若田光一宇宙飛行士(KC5ZTA)が日本実験棟「きぼう」船内実験室内で、超小型衛星「CubeSat」を放出する装置をセットアップする作業をロボットアームで行ったことを報告した。彼が関連の電子機器を先週設置したときに手間取ったため、衛星放出が遅延している。NASAは現在、今月後半に種子島から打ち上げられる全球降水観測(GPM)衛星の予定軌道と干渉しないように放出日程を確認中である。

 

 CubeSatは米国バージニア州の東海岸から、 1月9日に打ち上げられたシグナス貨物船に搭載されていた。ISSに到着して以来、実験棟の「きぼう」で、ロボットアームによる作業を待っている。放出される人工衛星には、リトアニア初の衛星「LituanicaSat1」と「LitSat1」、および「ArduSat2」、「UAPSat1」、915MHzの「SkyCube」も含む。 LitSat-1は435/145MHzのSSB/CWリニアトランスポンダーを搭載。LituanicaSat-1は145/435MHzのFMトランスポンダーを搭載している。

 

 一方、欧州宇宙機関(ESA)も今週開始予定だった、ISSのコロンバス・モジュールに載せた「ハムビデオ」システムの試運転を同様に延期させた。ARISS ヨーロッパ議長ガストン・バーテルス氏(ON4WF)は、「試運転の4つのステップはおそらく3月の週末に延期されるだろう。プロセスを凝縮するため複数の手順を組み合わせることが考えられる」と語る。

 NASA宇宙飛行士のマイク · ホプキンス氏(KF5LJG)は、今週ハムテレビ装置をインストールし、2.4GHz帯の送信機をコロンバス・モジュールに設置済みのARISS41アンテナに接続した。NASAはホプキンスが、2月6日にトランクウィリティー・モジュールで二酸化炭素除去アセンブリのトラブルシューティングのため、長い時間を過ごしたと報告した。ホプキンス飛行士も「ハムビデオ」試運転プロセスに関係している。

 ハムビデオの送信機は設置後、ヨーロッパの学校とのARISSコンタクトに使われる。北アメリカには基地が設置されなかったこともあり、米国のARISSにダウンリンクされる予定は当面ない。 (ARRLニュース2月7日 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL)

 

 

●関連リンク:

「ISS CubeSat Deployment, “Ham Video” Commissioning Postponed」ARRL NEWS

Re: Video: Deploying CubeSats from the Space Station(AMSAT・JE9PEL)

若田宇宙飛行士最新情報(JAXA)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター