hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > ヤフオク官公庁オークションに、日本無線(JRC)製の「JSB-78形 SSB送受信装置/75W」が出品


ヤフオク官公庁オークションに、日本無線(JRC)製の「JSB-78形 SSB送受信装置/75W」が出品

ヤフオクでは、各行政機関による公売や公有財産売却などをインターネット上で実施するサービス「官公庁オークション」を定期的に行っているが、現在、京都府立海洋高等学校が所有していた、船舶用と思われる日本無線(JRC)製の無線機、「JSB-78形 SSB送受信装置」のジャンク品を京都府が出品している。予定価格は驚きの4,000円!だった。

 

画像を見る限り非常に程度は良い。「保管状態は良好」という記載もあるので、船舶に搭載されたものではなく、教室などの使われいたのかもしれない(ヤフオクの画面から)

画像を見る限り非常に程度は良い。「保管状態は良好」という記載もあるので、船舶に搭載されたものではなく、教室などで実習用に使われていたものかもしれない(ヤフオクの画面から)

 

  京都府から出品されたのは、郵政省(当時)の型式検定に1989年6月合格した、出力75Wの日本無線(JRC)製「JSB-78形 SSB送受信装置」だ。京都府立海洋高等学校が所有していたものなので、学生の実習用か、退役する同校の練習船「みずなぎ(総トン数185t)」に積まれていたものかもしれない。「1991年3月に購入した」と記載があり、ジャンク品と書かれてはいるが、画像を見る限りでは程度も良さそうだ。

 画像に写っている銘板の型式記号を読み解くと、どうやら「1.6~3.9MHzをJ3E(A3J)で50W出力」「H3E(A3H)で12.5W出力」「4~26MHzをJ3E(A3J)で75W出力」でカバーする送受信機と思われる。

 残念ながら入札の参加申込期間は締め切られているが、予定価格は驚きの4,000円だった。入札の締め切りは2月26日なので、果たしていくらで落札されるのか。また、どんな用途で購入されていくのだろうか。興味は尽きないところだ。

 

京都府が官公庁オークションを利用して出品した「無線送信機 JSB-78(ジャンク品)」(ヤフオクの画面から)

京都府が官公庁オークションを利用して出品した「無線送信機 JSB-78(ジャンク品)」(ヤフオクの画面から)

 

銘板の画像から「1.6~3.9MHzがJ3E(A3J)で50W、H3E(A3H)で12.5W、4~26MHzがJ3E(A3J)で75W」と推察(ヤフオクの画面から)

型式の番号から「1.6~3.9MHzがJ3E(A3J)で50W、H3E(A3H)で12.5W、4~26MHzがJ3E(A3J)で75W」の無線機と推察できる(ヤフオクの画面から)

 

京都府立海洋高等学校の練習船「みずなぎ(総トン数185t)」(同校Webサイトから)

退役する京都府立海洋高等学校の練習船「みずなぎ(総トン数185t)」(同校Webサイトから)

 

 

●関連リンク:

・ヤフオク 官公庁オークション「無線送信機 JSB-78(ジャンク品)」

・京都府立海洋高等学校

・総務省型式検定合格機器情報検索

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター