hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > <手数料500円の価値はあるか!?>再免許申請時、無線局免許状の「送料受取人払いサービス」を希望したら、こうやって届いた!!


<手数料500円の価値はあるか!?>再免許申請時、無線局免許状の「送料受取人払いサービス」を希望したら、こうやって届いた!!

アマチュア無線局の開局や再免許の申請を、総務省の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」経由で行った場合、今年(2014年1月6日以降)から無線局免許状の受け取りに「送料受取人払いサービス」が利用できるようになった。これを使うと、免許状はどのような感じで届くのだろうか。写真で紹介しよう。

 

 総務省の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」を利用して、アマチュア無線局の開局や再免許申請などを行った場合、これまでは無線局免許状を受け取るために、返信用切手を貼った封筒を管轄の総合通信局(総通)に送るか、総通の窓口まで受け取りに行かなくてはならず、「電子申請なのに面倒くさい」という不満が少なからずあった。
 そこで総務省は2014年1月6日以降、開局申請と再免許申請に限って、無線局免許状の「送料受取人払いサービス」を開始した。これは免許状の受取時に、配送業者に料金500円(税込・郵送料、代引手数料含む)を現金で払えば、返信用封筒を送る必要がないというものだ。
 今回、アマチュア局の再免許申請時期を迎えたhamlife.jpスタッフが、自腹で500円を負担し、この制度による無線局免許状受け取りを試みた。どんな感じで、どこから届くのか、下記の写真(一部画像加工済み)を見て欲しい。

★無線局免許状の「送料受取人払い」はこうやって届いた!!

 

無線局免許状は、郵便局の「代金引換郵便」で届いた。差出人は「株式会社日本アイデックス」。聞いたことのない会社名に一瞬「送りつけ詐欺」かと思ったが、封筒の上部に「総務省 アマチュア無線局免許状 在中」と記載されていたのでナットク。配達員に500円を支払って、無事に受け取り完了

無線局免許状は、郵便局の「代金引換郵便」で届いた。差出人は「株式会社日本アイデックス」。聞いたことのない会社名に一瞬「送りつけ詐欺」かと思ったが、封筒の上部に「総務省 アマチュア無線局免許状 在中」と記載されていたのでナットク。配達員に500円を支払って、無事に受け取り完了

 

封筒のサイズは縦190×横240mmという珍しいもの。慎重にハサミで切ると、チラシと免許状、無線局免許証票が出てきた

封筒のサイズは縦190×横240mmという珍しいもの。慎重にハサミで切ると、チラシと無線局免許状、無線局免許証票が出てきた

 

チラシは「アマチュア無線局免許状をお送りいたします」という案内。表面は免許状の取り扱いや、問い合わせ先の各総通の住所。背面は「アマチュア無線はルールを守って正しく使いましょう」という注意事項が書かれていた。また無線局免許状は折り目がなく、気持ちが良いものだった

チラシは「アマチュア無線局免許状をお送りいたします」という案内。表面は免許状の取り扱いや、問い合わせ先の各総通の住所。背面は「アマチュア無線はルールを守って正しく使いましょう」という注意事項が書かれていた。また無線局免許状は折り目がなく、気持ちが良いものだった

 

  総務省の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」で再免許の申請を行ったが、ステータスが「審査完了」になった翌々日には代金引換郵便で免許状が届けられた。この速さには驚かされた。
 しかし郵便局から配達されてきたときに、配達員が「日本アイデックス様からの代引郵便です」と言うので、その名前にピンと来なかったのも事実。よく見ると総務省の案内ページや、『電子申請・届出システム Lite」の申請手順の中にも「免許状は委託先の業者である(株)日本アイデックスからの送付となります』と記載されていた。受け取り時、この点には注意が必要だろう(特に日中、本人が不在の家庭などの場合)。
 なお総務省では、『平成26年4月1日より消費税率が8%に引き上げられることに伴い、日本郵便の代引き手数料等の値上げが発表されました。「送料受取人払いサービス」は、日本郵便の「代金引換」サービスを利用しているため、代引き手数料等の値上げを踏まえ、「送料受取人払いサービス」の料金について、料金の見直しを行いました』として、平成26年4月1日以降の発送分は手数料が520円になることを案内している。

●関連リンク:
・送料受取人払いによる免許状の受取について(総務省)

・電子申請の流れ、開局申請の流れ(総務省)

・<手数料は500円!> “返信用封筒”が不要になる「電波利用 電子申請・届出システム Lite」送料受取人払いサービス、1月6日スタート

・日本アイデックス

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター