hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <C4FMデジタル機>八重洲無線、FT1DとFTM-400D/Hの新ファームウェアを公開


<C4FMデジタル機>八重洲無線、FT1DとFTM-400D/Hの新ファームウェアを公開

八重洲無線株式会社は、独自の「C4FMデジタルモード」を搭載したアマチュア無線機、FT1DとFTM-400D/Hの新ファームウェアを3月24日夜に公開した。メインファームウェアの新バージョンはFT1DがVer.1.08、FTM-400D/HはVer.1.10となる。また導入時には同時公開されたDSPファームウェアのアップデートも必要となる。

八重洲無線のWebサイトで公開された、両機種の新ファームの概要は下記のとおり。

●FT1Dの新ファームウェア
 (メインファームウェア:Ver.1.08、DSPファームウェア:Ver.1.04)

おもな変更点
 1.AMS機能における動作スピードの改善を行いました。
 2.GPS機能で、衛星の捕捉時間を短縮しました。
 3.その他、機能改善および最適化を行いました。

●FTM-400D、FTM-400DHの新ファームウェア
 (メインファームウェア:Ver.1.10、DSPファームウェア:Ver.2.02)

おもな変更点
 1.トーン周波数/DCSコードのサーチ機能を追加しました。
 2.その他、機能改善および最適化を行いました。

 いずれの機種も新ファームへのアップデートを行うためには、公開されている新ファームの説明書(「ファームウェア更新情報」のPDF)をよく読み、対象機種用のファームウェアを正しくインストールしなくてはならない。また「メインファームウェア」と「DSPファームウェア」の両方をアップデートする必要がある。
 詳細とダウンロードは下記関連リンクにある「アップデートファームウェア ダウンロード」の項目を参照のこと。

●関連リンク:
・FT1D 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)
・FTM-400D/FTM-400DH 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター