hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <「配信NG」の番組がわかりづらい!?>4月1日スタート「radiko.jpプレミアム」の“エリアフリー聴取できない番組”まとめブログ


<「配信NG」の番組がわかりづらい!?>4月1日スタート「radiko.jpプレミアム」の“エリアフリー聴取できない番組”まとめブログ

IPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」は、実際の電波による放送エリアに従い、番組が配信される「エリア制限」を行っていたが、4月1日からは、地域を問わず全国で聴取できる有料サービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」がスタートした(3月25日記事)。だが、実は一部の放送局と特定のタレントが出演する番組などは、“エリアフリー聴取の対象外”になっている。ブログ「ごみおきば」には、「radiko.jpプレミアムがサービス開始になったので、配信対象外の番組を調べてみた」というタイトルで、現時点におけるこれらの情報がまとめられている。

 

hamlife.jpのスタッフも自腹でプレミアム登録。エリアフリーで全国のラジオが受信できるのは非常に便利だが…

hamlife.jpのスタッフも自腹でプレミアム登録。エリアフリーで全国のラジオが受信できるのは非常に便利だが…

 

 4月1日、パソコンやスマートフォンなどでラジオ番組が聞けるIPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」に、地域を問わず全国のラジオが聴取できる新サービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」が有料(月額350円+税)で加わった。すでにアプリもバージョンアップが行われている。

 まずは全国の民放ラジオ68局のうち、60局を提供する体制でスタートしているが、広報資料には“一部の放送局と、特定のタレント出演番組やスポーツ中継などの番組は対象外”と記載されているだけで、実際に何が聞けないのか具体的な情報は不明のままだった。「有料サービスなのに、これらの情報が公式にまとめられていないのは不親切」との声もあがっている。

 

 そこで参考になるのが、ブログ「ごみおきば」がまとめた、そのものズバリの「radiko.jpプレミアムがサービス開始になったので、配信対象外の番組を調べてみた」だ。ここには現時点でエリアフリー聴取ができない番組情報がまとめられている。実際に確認すると、「radiko.jpプレミアム」に参加している一部のラジオ局は、公式Webサイト上で具体的に配信しない番組名を記載しているが、まったく触れていない局、そもそもリリースさえ出ていない局など対応がまちまち、温度差がありすぎることがわかる。ぜひ下記関連リンクから確認してほしい。

 

 なお、ウィキペディアによると、Radiko(地元エリアのみで聴取可能)には従来から参加しているものの、4月からの「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」のサービスを行っていないのは、東北地方「RFCラジオ福島」、信越地方「SBCラジオ(長野)」「BSNラジオ(新潟)」、北陸地方「KNBラジオ(富山)」「FBCラジオ(福井)」、静岡県「SBSラジオ」、関西地方「MBSラジオ」、九州地方「MBCラジオ(鹿児島)」の8局となっている。

 

 

●関連リンク:

・ブログ ごみおきば「radiko.jpプレミアムがサービス開始になったので、配信対象外の番組を調べてみた」

・配信エリアの枠を超え、日本全国で聴取可能に -『radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)』を4月1日(火)より開始(PDF形式)

・radiko.jp(ラジコ)

・radiko(ウィキペディア)
らじる★らじる(NHK版IPサイマルラジオ:仙台、東京、名古屋、大阪局が選べる)

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター