hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > <5250~5450kHzのアマチュアバンド開放なるか!?>総務省が「2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた暫定見解(案)」の意見募集


<5250~5450kHzのアマチュアバンド開放なるか!?>総務省が「2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた暫定見解(案)」の意見募集

無線局の周波数割り当てや運用方法などを定めた、国際的なルールを決めるため、2年または3年ごとにジュネーブ(スイス)で開催される、国際電気通信連合(ITU)による「世界無線通信(WRC)会議」。次回は2015年に行われるが、総務省はその会議に向けて「2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた暫定見解(案)」の意見募集を行っている。この中には「5250-5450kHz帯におけるアマチュア業務への二次的基礎での分配決議第649(WRC-12)に従って、5250-5450kHzの周波数帯内において、アマチュア業務に可能な新規の二次的基礎での分配を検討すること」という記載も見られる。新たなアマチュアバンド開放に期待が膨らむ。

 

4月7日付けで総務省から発表された「2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)に係る意見募集」(同Webサイト)

4月7日付けで総務省から発表された「2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)に係る意見募集」(同Webサイト)

 

 総務省総合通信基盤局電波部電波政策課電波政策課国際周波数政策室では、2015年11月2日から同年11月27日までジュネーブで開催される、「2015年世界無線通信会議(WRC-15)」の議題に対する「2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)」を作成、2014年4月7日(月)から5月9日(金)までの33日間にわたり、「暫定見解(案)」の内容について意見を広く募集している。

 その「議題1.4」という項目に、新たなアマチュアバンド開放についての記載があった。

 

 

2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)※抜粋

 

議題1.4 5250-5450kHz帯におけるアマチュア業務への二次的基礎での分配決議第649(WRC-12)に従って、5250-5450kHz の周波数帯内において、アマチュア業務に可能な新規の二次的基礎での分配を検討すること。

 

  <議題の概要> 決議第649(WRC-12)においてITU-R に対して要請されている研究結果に基づき、5250-5450kHz の周波数帯において、帯域全体である必要はなく、また、幾つかのポイント周波数でも良いが、目的に適うスペクトラム量を、アマチュア業務に二次的基礎で分配する可能性を検討するもの。

<暫定見解案>
5250-5450kHzは、我が国において固定及び移動業務に一次分配で割り当てられ、使用されている。よって、有害な混信の排除を含めたアマチュア業務と既存の一次業務との両立性が達成できるまで、本周波数帯における二次的基礎でのアマチュア業務への新規分配については、適当でない。既存の一次業務の保護の観点から、ITU-Rにおける研究を注視すべき。

 

 

「5250-5450kHz帯におけるアマチュア業務への二次的基礎での分配」の暫定見解(案)部分(同Webサイト)

「5250-5450kHz帯におけるアマチュア業務への二次的基礎での分配」の暫定見解(案)部分(同Webサイト)

 

 

 総務省の暫定見解案では、「有害な混信の排除を含めたアマチュア業務と既存の一次業務との両立性が達成できるまで、本周波数帯における二次的基礎でのアマチュア業務への新規分配については適当でない」という、やや否定的なスタンスとなっている。ちなみに、アメリカでは5330.5~5406.4kHzがアマチュアバンド(60mバンド)としてすでに割り当てられている(ただし5つのチャンネルに限定)。このあたりの経緯と詳細は、JJ1WTL・本林氏のWebサイト「CIC」が詳しい。

 仮にWRCの議題になったとしても、実際に日本国内におけるアマチュアバンドとして割り当てられるのは先のことになるが、新たな短波帯の開放に期待が膨らむだろう。

 

 

●関連リンク:

・総務省 2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)に係る意見募集

・2015年世界無線通信会議(WRC-15)に向けた我が国の暫定見解(案)(PDF形式)

・世界無線通信会議/WRC会議(ウィキペディア)

・続・472~479kHz分配へ(CIC)

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター