hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > FCC試験 > <資格はテクニシャン級>FCC(米・連邦通信委員会)、JAXA宇宙飛行士の油井亀美也氏に、コールサイン「KG5BPH」を発給!!


<資格はテクニシャン級>FCC(米・連邦通信委員会)、JAXA宇宙飛行士の油井亀美也氏に、コールサイン「KG5BPH」を発給!!

アメリカの連邦通信委員会(FCC)は、長野県出身のJAXA宇宙飛行士である油井亀美也氏に対し、4月23日付けで「KG5BPH」のコールサインを発給した。同氏は4月12日にTwitterでアマチュア無線試験に合格したことを公表していた。

 

FCCのデータベースに登録された、油井亀美也氏のコールサイン「KG5BPH」。住所はNASAになっている(一部画像処理)

FCCのデータベースに登録された、油井亀美也氏のコールサイン「KG5BPH」。住所はNASAになっている(一部画像処理)

 

 hamlife.jpで既報のとおり、油井氏はさる4月12日にTwitterアカウント(@Astro_Kimiya)で「アマチュア無線の試験を受けました。ISSからアマチュア無線を使ってイベントを行う事が出来るかもしれませんね。コールサインを頂くまでには、一週間程かかるようです。日本の方々は勿論、多くの国の方々と交流を深めたいです!多くの方に宇宙開発について知って頂くと共に平和に貢献したいのです」と報告。合格した資格や発給されるコールサインに注目が集まっていた。

 4月23日付けでFCCのデータベースに登録された油井氏のコールサインは「KG5BPH」、資格はテクニシャン級となっている。

 なお油井氏は1970年生まれ、長野県出身で元航空自衛官(F15戦闘機のパイロット)という経歴を持つJAXA宇宙飛行士。ISS第44次・第45次長期滞在員に選抜され、2015年6月頃にソユーズ宇宙船で打ち上げられ、ISS(国際宇宙ステーション)に6か月程度滞在する予定となっている。
 また現在、ISSには第38次・第39次長期滞在員として日本の若田光一氏(KC5ZTA)が滞在し、各種研究とともにARISSスクールコンタクトなどのアマチュア無線活動を担当しているが、油井氏がアマチュア無線資格を取得したことで、2015年夏に再び日本の子供たちが、日本語によるARISSスクールコンタクトを体験できる可能性が出てきた。

 

<参考:過去にアマチュア無線資格を取得した日本人宇宙飛行士の例>

 

毛利 衛:7L2NJY
若田 光一:KC5ZTA
野口 聡一:KD5TVP
古川 聡:KE5DAW
星出 彰彦:KE5DNI
山崎 直子:KE5DAS
大西 卓哉:KF5LKS
(JJ1WTL 本林良太氏「Untold Facts」より)

 

 

●関連リンク:
・@Astro_Kimiya(Twitter)
・油井 亀美也 ゆい きみや(JAXA)
・油井亀美也宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について(JAXA)

●おすすめ記事:

残りわずか!日本製 卓上ニキシー管時計 GPS式電波時計「nixie tube clock」
12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター