hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <ラジオストアー跡地>JR秋葉原駅近くに情報発信スペース「Assemblage」誕生、9月27日には“こども用Basicパソコン”の「はんだつけワークショップ」も開催!!


<ラジオストアー跡地>JR秋葉原駅近くに情報発信スペース「Assemblage」誕生、9月27日には“こども用Basicパソコン”の「はんだつけワークショップ」も開催!!

電気の街、東京・秋葉原駅前の“ガード下のパーツ店舗街”として64年間にわたり親しまれ、昨年惜しまれつつ閉館となった「秋葉原ラジオストアー」。その跡地に情報発信スペースの「Assemblage(アセンブラージュ)」が9月12日にオープンした。秋葉原関連の催事スペースとして活用されるほか、自由にはんだ付けなどの工作が行えるスペースや、秋葉原ツアーのPRやオリジナルグッズの販売コーナーなども設けられている。9月27日(土)には、ここでBasicが動くこども用パソコン「IchigoJam」のはんだ付けワークショップも開催される。

ラジオストアー跡地に誕生した情報発信スペース「Assemblage」

ラジオストアー跡地に誕生した情報発信スペース「Assemblage」

 

 JR秋葉原駅に隣接した総武線ガード下に、電子部品の専門店が9店舗並んだ「秋葉原ラジオストアー」は、アマチュア無線家にも親しみある存在で、2013年11月の閉館決定を伝えるhamlife.jpの記事には大きな反響があった。

 その跡地に2014年9月12日、Akiba.TV株式会社と秋葉原駅前商店街振興組合のコラボレーションによる情報発信スペース「Assemblage(アセンブラージュ)」が期間限定でオープンした。
 ここでは、電子工作教室などの各種催事が行われるほか、はんだ付け工作スペースなども設けられ、秋葉原ならではの「ものづくり」が体験できる。さらに秋葉原に関係するフリーペーパーやチラシ、写真類などを取り揃え、オリジナルのグッズ販売、秋葉原ツアーのPRなども行っている。
 営業時間は毎日10~18時、現在のところ2015年1月末までの開設が予定されている。

 

Assemblageの受付スペース

Assemblageの受付コーナー

 

催事や電子工作教室など行われるスペースもある

催事や電子工作教室など行われるスペースが設けられている。秋葉原の懐かしい写真も多数展示中

 

楽しいオリジナルグッズ類もある

楽しいオリジナルグッズ類も用意されている

 9月27日(土)午前には、このスペースを利用して、懐かしいプログラミング言語「Basic」で動く、こども用プチプラパソコン「IchigoJam」の基板をはんだづけで組み立てるという「IchigoJamはんだづけワークショップ~Basicが動く「こども用PC」をはんだづけして遊ぼう!~」が行われる。詳細は次のとおりだ。

 

★IchigoJamはんだづけワークショップ
 ~Basicが動く「こども用PC」をはんだづけして遊ぼう!~

・開催日:2014年9月27日(土) 10:30~12:00(受付開始10:00~)

・参加費:3,000円(当日受付にて支払い)

・定員:8組

・会場:Assembalge(旧・秋葉原ラジオストアー内)

・講師:福野泰介氏(jig.jp代表取締役社長)

・内容:
 なつかしのプログラミング言語「Basic」で動いちゃう安全安心なこども用プチプラパソコン「IchigoJam」の基板をはんだづけで組み立てちゃうワークショップです。講師はjig.jpの福野泰介さん。開発に関する楽しいお話もお伺いできそうですね!
 当日は組み立てたらすぐに遊べるBASICのゲームのプログラムもガチャポンに入れて販売しちゃいます。みんなでLet’s はんだづけ&プログラミング!

当日組み立てる、こども用プチプラパソコン「IchigoJam」の基板。キーボードとディスプレイを接続して、懐かしいBASIC言語でのプログラムが楽しめる

当日組み立てる、こども用パソコン「IchigoJam」の基板。キーボードとディスプレイを接続して、懐かしいBASIC言語でのプログラムが楽しめる

 詳細と参加チケット申し込みは、下記関連リンクの「IchigoJamはんだづけワークショップ」参照のこと。

●関連リンク:
・「IchigoJamはんだづけワークショップ」(Assembalge)
・IchigoJam – BASICプログラミング専用こどもパソコン
・秋葉原情報センター「Assemblage(アセンブラージュ)」
・Assemblage(Facebookページ)

●おすすめ記事: