hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
C4FMデジタルキャンペーンのお知らせ I 八重洲無線株式会社

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > 【最終放送の動画公開!!】中波1670.5kHzの船舶気象通報局(灯台放送)が「最後の日」を迎える--灯台には別れを惜しむ受信ファンの姿も


【最終放送の動画公開!!】中波1670.5kHzの船舶気象通報局(灯台放送)が「最後の日」を迎える--灯台には別れを惜しむ受信ファンの姿も

海上保安庁はきょう2016年9月30日の昼12時をもって、全国29か所の灯台などから送信を行ってきた、中波1670.5kHzの「船舶気象通報局(通称:灯台放送)」の運用を終了した。千葉県銚子市の犬吠埼灯台には、別れを惜しむ受信ファンが複数訪れる中、海上保安庁の職員が停波の準備作業を行い、11時23分10秒から“最後の気象通報”が流された。現地の模様と最終放送の動画を紹介しよう。

 

 

船舶気象通報局最後の日を迎えた、千葉県銚子市の犬吠埼灯台

船舶気象通報局最後の日を迎えた、千葉県銚子市の犬吠埼灯台

 

 

 1949年の開始以来67年間、船舶関係者や無線愛好者に「灯台放送」として親しまれてきた船舶気象通報が、ついに9月30日の昼12時をもって終了した。千葉県銚子市の犬吠埼灯台には、同灯台からの“最終放送”となる午前11時23分10秒からの送信を現地でワッチし、別れを惜しもうと複数の受信ファンがラジオや録音機材を持って集まった。

 

最後の瞬間の受信に、自動車で駆けつけた受信ファンも複数いた

最後の瞬間の受信に、自動車で駆けつけた受信ファンも複数いた

ベンチで受信準備に余念がないファンも見られた

ベンチで受信準備に余念がないファンも見られた

 

 午前10時30分には、停波作業を行う海上保安庁 銚子海上保安部の職員も到着し、見学コースや船舶気象通報局のアンテナマッチングを行う「整合機室」の扉などに、「60年間ありがとうございました」という案内板を掲示した。

 

船舶気象通報の送信アンテナはロングワイヤー型。マッチング装置が納められた「整合機室」に、停波準備のため海保職員が訪れた

船舶気象通報の送信アンテナはロングワイヤー型。マッチング装置が納められた「整合機室」に、停波準備のため海保職員が訪れた

整合機室のドアに、停波に関する案内板の掲示を行った

整合機室のドアに、停波に関する案内板の掲示を行う

船舶気象通報局「いぬぼう」の停波に関する案内板

船舶気象通報局「いぬぼう」の停波に関する案内板には、同局の歴史も記載されている

「気象情報提供方法の一部廃止について」と題した案内板

「気象情報提供方法の一部廃止について」と題した案内板

 

 担当職員によると、犬吠埼灯台からの船舶気象通報の送信は午前11時23分10秒からが最後となるが、「廃止時刻を“12時”と発表していますので、局舎内の送信機の電源は11時台の通報送信後もしばらくそのままとして、12時ちょうどに電源OFFの作業を行います」ということだった。

 

 午前11時23分10秒から、犬吠埼灯台(コールサイン:いぬぼう)としては最後の気象通報がいつもと変わらず自動音声で流された。その模様を送信アンテナから3m離れた地点で動画に収録した。

 

 

 

 

「各局、各局、各局、こちらは いぬぼう、いぬぼう、いぬぼう。海上保安庁が犬吠埼灯台の気象状況をお知らせします。時刻11時18分、北北東の風7m、気圧1018ヘクトパスカル、波の高さ不明。繰り返します…(略)…おわり。こちらは いぬぼう、さようなら」

 

 

 犬吠埼灯台からの船舶気象通報は1956(昭和31)年6月1日に、呼出符号JLH、中波444kc、空中線電力400Wでモールス符号(A2)による運用で始まり、1969(昭和44)年2月10日からは現在と同じ中波1670.5kHzのA3Hモードで音声による送信に切り替えられた(呼出名称「いぬぼう」、空中線電力50W)。その歴史ある運用がすべて終了した瞬間だ。

 

船舶気象通報局の送信機が設置されている局舎。12時ちょうどに停波作業が行われた

船舶気象通報局の送信機が設置されている局舎。12時ちょうどに停波作業が行われた

船舶気象通報の送信に使用されてきたワイヤーアンテナの末端部

船舶気象通報の送信に長年使用されてきたワイヤーアンテナの末端部(灯台上部)

犬吠埼灯台の隣接地にあるディファレンシャルGPS局のアンテナ。ディファレンシャルGPSは今後も継続するが、同時送信されてきた文字による気象情報(タイプ16気象通報)も終了となった

犬吠埼灯台の隣接地にあるディファレンシャルGPS局のアンテナ。ディファレンシャルGPSは今後も継続するが、同時送信されてきた文字による気象情報(タイプ16気象通報)は船舶気象通報と同様、9月30日の12時で終了となった

海上保安庁の公式Twitterアカウントより

海上保安庁の公式Twitterアカウントより

 

 

 なお本日行われた各地の船舶気象通報局の廃止は、NHKのニュースなどでも報じられ、一部はニュース動画も公開されている(公開期間は数日程度)。詳細は下記関連リンク参照。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<船舶気象通報の廃止は9月30日(金)の昼12時>全国の「灯台放送」は、もう“今夜”と“明日の夜”の2回しか受信できない!

 

<9月30日で停波決定、“灯台放送”の受信は今月中に!!>海上保安庁、「船舶気象通報局」29か所すべての廃止を正式発表

 

<1670.5kHzの“灯台放送”さようなら…>海上保安庁、「船舶気象通報局」などの情報提供手段を終了へ

 

 

 

●関連リンク
・<ニュース動画あり>船舶に気象情報 “灯台放送”が終了 青森 東通村(NHK NEWS)
↑上記ニュースの動画(JAPAN NEWS)

 

・船舶気象通報が終了 ネット普及で半世紀わたる役割終える 北海道 積丹(NHK NEWS)
↑上記ニュースの動画(JAPAN NEWS)

 

・船舶向け気象情報・潮岬「灯台放送」61年の歴史に幕(産経ニュース)

・<各地から最後の受信報告がアップ>BBS 灯台放送マップ

 

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター