hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > 【追記あり】<鋭意開発中の「IC-7610」と「IC-R8600」も展示!!>アイコム、12月10日(土)に大阪市平野区で「アイコム本社アマチュア無線フェスティバル」開催


【追記あり】<鋭意開発中の「IC-7610」と「IC-R8600」も展示!!>アイコム、12月10日(土)に大阪市平野区で「アイコム本社アマチュア無線フェスティバル」開催

アイコム株式会社は2016年12月10日(土)に、大阪市平野区の同社本社内で「アイコム本社アマチュア無線フェスティバル」を開催する。その詳細なスケジュールが11月15日に発表された。当日は同社が開発中のダイレクトサンプリングHF/50MHz帯固定機「IC-7610」や広帯域受信機の「IC-R8600」も展示される予定だ。また通常は平日のみの「本社ショールーム」も特別開館する。このイベントの入場は無料で事前申し込みは不要。14時30分からは各種賞品が当たる「お楽しみ抽選会」も行われる。なお12月23日(金・祝)にはアイコム東京ショールーム(東京都中央区)でも、IC-7610とIC-R8600のプレ展示説明会を行う予定だ。

 

 

アイコム本社アマチュア無線フェスティバルの案内チラシ

アイコム本社アマチュア無線フェスティバルの案内チラシ

 

 

 アイコムは全国各地でアマチュア無線家向けの自社イベント「アイコムアマチュア無線フェスティバル」を開催しているが、今年は2012年以来4年ぶりに大阪市平野区にある同社本社ビルを開放して「アイコム本社アマチュア無線フェスティバル」を行うことが決まった。

 

 今回の目玉は、ハムフェア2016で初お披露目されたダイレクトサンプリングHF/50MHz帯固定機の「IC-7610」の展示とプレ説明、各種デジタルモードにも対応した広帯域受信機「IC-R8600」の実力が体感できる受信コーナーが設けられることだ。いずれも発売に向けて開発が進んでいるモデルなので最新情報が得られる貴重なチャンスとなるだろう。また同社最新モデルの実動展示やD-STAR機器のデモ&サポート、無線機の無料相談コーナーなども設けられる。

 

8月の「ハムフェア2016」で初お披露目された、開発中のIC-7610の展示とプレ説明も行われる。ベールに包まれている機能、スペックが明らかになるか楽しみだ

8月の「ハムフェア2016」で初お披露目された、開発中のIC-7610の展示とプレ説明も行われる。ベールに包まれている機能、スペックが明らかになるか楽しみだ

ハムフェア2016で参考出品された、デスクトップタイプの広帯域受信機「IC-R8600」は実際に受信体験ができそうだ

ハムフェア2016で参考出品された、デスクトップタイプの広帯域受信機「IC-R8600」は実際に受信体験ができそうだ

 

 そのほか、歌手のMasaco(JH1CBX)のミニコンサート、キッズ向けコーナー、共催メーカーや団体による展示も行われ、イベントの最後には各種賞品が当たる「お楽しみ抽選会」も予定されている。

 

 同社によると、このイベントのスケジュール概要は次のとおり。

 

 

★アイコム本社アマチュア無線フェスティバルの内容

 

◆開催:2016年12月10日(土) 10:00~15:00

 

◆会場:アイコム株式会社 本社ビル
 大阪市平野区加美南1-1-32 (JR大和路線「加美」駅 徒歩5分)
 ※駐車場の台数には限りあり。なるべく公共交通機関を利用のこと

 

◆主催:アイコム株式会社

 

◆共催:一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)、コメット株式会社、第一電波工業株式会社、月刊FBニュース、ラジオ研究会、株式会社ワカマツ

 

◆入場料:無料(事前申し込み不要)

 

◆イベント内容:
・本社ショールーム特別開館
・IC-7610(鋭意開発中)のプレ展示&概要説明
・新世代プロスペックレシーバー IC-R8600の実力体感コーナー
・1F 無線機無料相談&クリニック(無料測定)コーナー
・D-STAR デモ&サポートコーナー
・無線デモカー(第一電波工業)展示
・アンテナ展示:コメット、第一電波工業
・展示:CQタワー、FBニュース
・JARD 新スプリアス相談コーナー
・キッズコーナー(クラフト工作、電波の不思議体験!コヒーラ実験)
・JH1CBX Masacoミニコンサート
・各種セミナー
・お楽しみ抽選会

 

◆3F セミナー会場の講演スケジュール:
 10:30~ D-STARの新機能と防災活用事例
 11:30~ IC-7610 プレ説明とアイコムの実力
 12:00~ JH1CBX Masaco ミニコンサート(1)
 12:30~ アンテナ技術解説(第一電波工業)
 13:15~ スプリアス確認保証について(JARD)
 14:15~ JH1CBX Masaco ミニコンサート(2)
 14:30~ お楽しみ抽選会

 

◆司会:シンガーソングライター Masaco(JH1CBX)

 

アイコム株式会社本社ビル(hamlife.jp 2015年撮影)

大阪市平野区のアイコム株式会社 本社ビル(hamlife.jp 2015年撮影)

 

 なお同社関係者によると、今回のイベントは「テーマは“楽しむ”です。アイコム本社でクリスマス気分を感じていただけるよう趣向を凝らしています。また小さなお子さまも楽しめるよう、クラフト工作や電波体感、プレゼント(中学生以下を対象)などもご用意しています。もちろんMasacoさんとのアイボールやミニコンサートも楽しめます」とのこと。クリスマス2週間前の土曜日、子供連れでの来場も検討してはいかがだろうか。

 

 

<hamlife.jp追記 11月18日>
 アイコム株式会社は11月15日付けのメルマガ「メールニュース BEACON Vol.292」の中で、開発中のIC-7610の受信部が「ダイレクトサンプリング方式」であると記載した。同機種の受信方式については、初お披露目された「ハムフェア2016」の会場では“現時点で非公表”とされていた。
 また、12月23日(金・祝)には、東京都中央区の「アイコム東京ショールーム」を臨時開館し、IC-7610のプレ展示と概要説明、IC-R8600の実働展示を含むプレ説明会を開催(10:30~15:30)することも明らかにした。
--以上を受け、本記事内の記載も11月18日に一部変更いたしました。

 

 

 

●関連リンク:
・アイコム本社アマチュア無線フェスティバル 案内チラシPDF
・BEACONメールニュース Vol.292(2016.11.15)

 

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター