hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <「Inter BEE 2016(国際放送機器展)」リポート>無線家憧れの伸縮ポール搭載中継車やプロ仕様マイクロフォンなど


<「Inter BEE 2016(国際放送機器展)」リポート>無線家憧れの伸縮ポール搭載中継車やプロ仕様マイクロフォンなど

11月16日から18日の3日間、放送事業者や通信事業者、メディア関係者向けの音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2016(第52回 2016年国際放送機器展)」が、千葉県千葉市の「幕張メッセ」で開催されている。期間中はプロユースの最新機器が一堂に発表・展示され、国内外から多くの関係者が集まった。その中から、hamlife.jpが気になったブースや機器を紹介しよう。

 

※小さい画像はクリックすると拡大します。

inter-bee2016-01 inter-bee2016-02 inter-bee2016-03 inter-bee2016-04

 

 

 期間中、国内外のメーカーが一堂に集まり、会場には文字どおり最新技術の放送機器が展示されている。なかでも人気が高かったのは、2020年から本放送が予定されている4Kテレビ、その先の8Kテレビに関する超高精細映像機器。そして、今話題の「マルチコプター」や「ドローン」と呼ばれる空撮システムの数々だ。

 

 

inter-bee2016-05 inter-bee2016-06
伸縮ポールの実績では歴史のある「ユアサ工業株式会社」の中継車両。3本の伸縮ポールが伸びていて目立っていた

 

inter-bee2016-07

株式会社東通インターナショナルのブースに展示していた中継車には、ルーフ搭載型の折りたたみ式伸縮ポールが搭載されていた。折りたたみ式なので、従来の車両天井にポールを設置する穴を開ける必要もなく、荷室スペースも大きくとれるということだ

株式会社東通インターナショナルのブースに展示していた中継車には、ルーフ搭載型の折りたたみ式伸縮ポールが搭載されていた。折りたたみ式なので、従来の車両天井にポールを設置する穴を開ける必要もなく、荷室スペースも大きくとれるということだ

東通インターナショナルのカタログから

東通インターナショナルのカタログから

 

 我々アマチュア無線家にとって目に飛び込んできたのは、長~い伸縮ポールを搭載する中継車や、馴染みのある音響機器メーカー「SHURE」のマイクロフォン類だった。また、株式会社JVCケンウッドも出展していた。

 

 

inter-bee2016-14 inter-bee2016-15
音響機器メーカー「SHURE」のブースには、見慣れたマイクロフォンの数々が

 

コンデンサーマイクを搭載したマイクロフォン。SHUREの製品らしく、スタイリッシュなデザインだ

コンデンサーマイクを搭載したマイクロフォン。SHUREの製品らしく、スタイリッシュなデザインだ

 

 また昨年に続きCatch Me株式会社のブースでは、1200MHz帯を利用したデジタルワイヤレスシステムのサポート機器を紹介。国の方針で移行が求められている700MHz帯のワイヤレスマイク(特定ラジオマイク)の周波数に代わるものとして、1200MHz(1240~1260MHz)帯が新たに割り当てられる。

 

 

Catch Me株式会社のブースでは、1200MHz帯を利用したデジタルワイヤレスシステムのサポート機器を展示。ワイヤレスマイク周波数に代わるものとして、1200MHz帯(1240~1260MHz)が新たに割り当てられた

Catch Me株式会社のブースでは、1200MHz帯を利用したデジタルワイヤレスシステムのサポート機器を展示。ワイヤレスマイク周波数に代わるものとして、1200MHz帯(1240~1260MHz)が新たに割り当てられた

 

inter-bee2016-10 inter-bee2016-11
ドローンをはじめ、空撮用途に応じてさまざま撮影機器を展示

 

inter-bee2016-18 inter-bee2016-19

 

 

 

●関連リンク:
・Inter BEE
・ユアサ工業株式会社
・株式会社東通インターナショナル
・株式会社コスミックエンジニアリング
・Catch Me株式会社
・SHURE

 

 

 

●おすすめ記事:

残りわずか!日本製 卓上ニキシー管時計 GPS式電波時計「nixie tube clock」
12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター