hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <“オールJA”という考え方で…目標金額300万円!>28年振り、2018年初頭に計画「3Y0Z(ブーベ島)」DXペディションへのドネーションを呼びかけ


<“オールJA”という考え方で…目標金額300万円!>28年振り、2018年初頭に計画「3Y0Z(ブーベ島)」DXペディションへのドネーションを呼びかけ

南大西洋の無人島、ノルウェー領の「ブーベ島」。地理的にみて世界で最も隔絶した孤島、DXCCウォンテッドランキング最上位クラスのエンティティーの1つだ。そのブーベ島から、実に28年振りとなる本格的なDXペディションが、2018年の初めに「3Y0Z」のコールサインで計画されている。現段階で61万ドル(約6,700万円)という膨大な費用が発生する見込みで、以前、ファンデノバ島DXペディション「FT4JA」をサポートしたチームがJA向けWebサイトを立ち上げ、個人というより“オールJA”という考え方でドネーション(寄付)を呼びかけている。

 

常にDXCCウォンテッドランキング最上位クラスのエンティティーの1つ、ブーベ島(Photo by Dolf Kessler)

常にDXCCウォンテッドランキング最上位クラスのエンティティーの1つ、ブーベ島(Photo by Dolf Kessler)

 

 ブーベ島からは小規模なDXペディションはいくつ行われてきたが、本格的なDXペディションといえば、1989年末から1990年初めにかけてJAから藤原仁氏(JF1IST)が参加して実施(5万局というQSO)された「3Y5X」以来、すでに27年の月日が経っている。

 

 そしてようやく、2018年初頭に待望の大規模DXペディションが行われることになり、「3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向け情報」というWebサイトが立ち上がった。文字どおり、JA向けに情報を発信し、この世紀のDXペディションをJAからサポートするのが目的である。

 

 JAのサポートチームメンバーはJA/ASのパイロット局の青木氏(JJ3PRT)、松浦氏(JA4DND)、桒原氏(JA4BUA)、奥村氏(JK1KSB)の4名。

 

 このDXペディションには膨大な費用が掛かるため、JAパイロット局を務める青木氏はJA向け3Y0Zサイトを通じて次のように呼びかけている。

 

 

 

 今回のペディションでは皆様方の期待にお応えするために、世界各国から20名の熟練したオペレーターが参加し、DXペディションとして考えられる最高の設備を準備する予定です。このため、現段階で61万ドル(約6,700万円)という膨大な費用が発生する見込みです。

 

 この費用の内半分をペディションに参加するオペレーターが負担いたしますが、残りの費用は世界中のDXクラブやDXerの皆様方にご支援をお願いしております。今回の3Y0Zでは、目標ドネーションの約10%にあたる300万円のドネーションをJAで集めることを目指しておりますので、皆様方の絶大なるご協力をお願い申し上げます。

 

 

3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向けポスター

3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向けポスター

3y0z-donation-5

 

 

 またJAサポートチームメンバーの1人、 奥村氏は「運用チームが資金の心配なく十分安全に配慮した準備ができるよう、DXペディションに心躍らせ呼んで楽しむ我々が最初から支援することは当然ではないでしょうか。また、オペレーション・スケジュールの中に、JA局向けの時間を確保しアンテナを振って貰うためには、事前にJAの熱意を示すことが大きな原動力になります。ぜひJAのDXerの皆様に“個々のこと”というよりも“オールJA”という観点でご賛同いただければ幸いです」と述べている。

 

 なお、「3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向け情報」Webサイトでは、「最新情報」「トピックス」なども発信している。これから1年間をかけ準備と資金を集め、2018年の初めに「3Y0Z」DXペディションが実施される計画だ。

 

 

2016年12月16日にオープンした「3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向け情報」Webサイト

2016年12月16日にオープンした「3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向け情報」Webサイト

 

 

 詳しくは、下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

●ドネーションの方法

 

(1)ゆうちょ銀行への振込
 記号14590 № 24173721
 名義人:アオキ ヨウジ

 

(2)りそな銀行への振込
 守口支店:店番号 211
 口座番号:普通0662246
 名義人:青木洋二(アオキ ヨウジ)

 

【(1)(2)の口座に振り込む際のお願い】
・コールサインを振込者名の前に必ず付けてください。
・振込み後に必ずコールサイン、お名前、ドネーション金額をパイロット局( jj3prt@ict-kuwa.net )までメールでお知らせください。
・ある程度の金額になった時点で円建てにてUSAに送ります。為替レートの変動を考慮してお振込みください。入金確認後にJAおよびUSAのWebサイトに掲載されるよう手配いたします。

 

(3)PayPalでの支払い
USAのWebサイト(http://www.bouvetdx.org/)の日本語で「寄付」とあるPayPalのバナーからお願いします。

 

【(3)での支払いの際のお願い】
・手続き後に必ずコールサイン、お名前、ドネーション金額を3Y0Z DX pedition(dxped@comcast.net)までメールでお知らせください。
 入金確認後にUSAのWebサイトに掲載され、しばらくするとJAのサイトにも掲載されます。掲載されない場合はこのメールアドレスに直接お問い合わせください。

 

(4)ドネーションは現金書留など郵送では受け付けられませんのでご注意ください。
※パイロット局への電話での入金確認や運用情報の確認は絶対におやめください。

 

 

JAパイロット局を務める青木洋二氏(JJ3PRT)

JAパイロット局を務める青木洋二氏(JJ3PRT)

 

 

 

●関連リンク:
・3Y0Z ブーベ島DXペディションJA向け情報
・The Bouvet Island DXpedition 3YOZ-Early 2018
・ブーベ島(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】