hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
C4FMデジタルキャンペーンのお知らせ I 八重洲無線株式会社

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 統計 > <8か月連続で減少! 1&3エリアは増加へ>総務省が2016年11月末のアマチュア無線局数を公表、前月より185局少ない43万5,352局


<8か月連続で減少! 1&3エリアは増加へ>総務省が2016年11月末のアマチュア無線局数を公表、前月より185局少ない43万5,352局

2017年1月6日、総務省は2016年11末のアマチュア無線局数を公表した。それによると2016年10月末のデータから“185局”減少して43万5,352局となった。なんと4月末から8か月間、減少傾向が続いている。この間に合計1,037局少なくなった。また、一部有効期限の残っている局を除き2015年11月末で使用期限を迎えた「パーソナル無線」は、11月末の時点で4,120局が免許登録(10月末時点は4,364局が免許登録)している。この間に244局が廃局となったと思われる。

 

 

<ついにピーク後の最低値を更新>
 今回公表された数字は、1995年3月末に過去最高の136万4,316局を記録したピーク後、今まで最低だった2015年4月末の43万5,390局より、さらに38局少ない“ピーク後最低局数”を更新した。

 

2013年4月末から2016年11月末までのアマチュア局数の推移

2013年4月末から2016年11月末までのアマチュア局数の推移

 

soumusyo-toukei-201611-2

 

 

 

●2016年11月末、アマチュア局の各エリア(管内)局数内訳

 

・1エリア(関東管内): 123,106局(122,961局)

・2エリア(東海管内):  58,368局(58,435局)

・3エリア(近畿管内):  52,389局(52,369局)

・4アリア(中国管内):  27,817局(27,863局)

・5エリア(四国管内):  19,758局(19,767局)

・6エリア(九州管内):  37,270局(37,314局)

・7エリア(東北管内):  45,408局(45,471局)

・8エリア(北海道管内):39,586局(39,630局)

・9エリア(北陸管内):  11,040局(11,061局)

・0エリア(信越管内):  18,142局(18,184局)

・6エリア(沖縄管内):  2,468局(2,456局)

 

※カッコ内の数字は2016年10月末の局数を表す

 

 

 

●2016年11月末、パーソナル無線局の各管内局数内訳

 

・関東管内: 1.097局(1,145局)

・東海管内:   340局(375局)

・近畿管内:   258局(282局)

・中国管内:   275局(291局)

・四国管内:    69局(72局)

・九州管内:   552局(579局)

・東北管内:   831局(888局)

・北海道管内: 339局(350局)

・北陸管内:   101局(107局)

・信越管内:   228局(245局)

・沖縄管内:   30局(30局)

 

※カッコ内の数字は2016年10月末の局数を表す

 

 

 

●関連リンク:無線局統計情報(総務省)

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター