hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <auとドコモ、両キャリア対応に進化!!>アイコム、全国と交信できる携帯電話網利用のPoCトランシーバー「IP501H」を発表


<auとドコモ、両キャリア対応に進化!!>アイコム、全国と交信できる携帯電話網利用のPoCトランシーバー「IP501H」を発表

アイコム株式会社は2017年1月25日、auとNTTドコモの携帯電話網を利用して全国と交信可能な業務用PoC(Push to talk over Cellular)トランシーバーの「IP501H」を発表した。価格はオープン。発売は2月中旬を予定している。

 

 

携帯電話網利用のPoCトランシーバー、アイコム「IP501H」(同社プレスリリースより)

 

 

 アイコムは2015年にKDDIのau 4G LTE網(800MHz帯)を利用して全国どこからでも交信が可能な業務用無線システム「IP ADVANCED RADIO SYSTEM」を開発、対応端末としてLTEトランシーバーのIP500H、IP500Mと関連製品を発売した。今回発表されたIP501Hはその流れを汲む新製品で、新たにNTTドコモの3G LTE回線の利用も可能になっている。

 

 業務用無線の業界では、携帯電話のIP網を利用し全国どことでも交信可能な「IP無線」(IP業務無線、ボイスパケットトランシーバー)に注目が集まっている。多額の投資となる無線中継局の設置が不要で、使用者に無線従事者免許や無線局免許は必要なく、携帯電話のエリア内であればどことでもトランシーバー感覚で交信ができ、一斉同報が可能なことから、長距離輸送のトラックやバス業界、マスコミ関係などを中心に利用者が急増している。

 

 アイコムの「IP ADVANCED RADIO SYSTEM」は、同時通話や多重通信に対応し、簡単な操作で多人数が同時に送受信できることが特長だ。同社が発表したIP501Hの概要は次のとおり。

 


 

auとdocomo両キャリア対応のIP無線機が登場。PoCトランシーバー「IP501H」を新発売

 

 アイコム株式会社は、au / docomoの携帯電話網を利用して日本全国を通話範囲とするPoC(Push to talk over Cellular)トランシーバー IP501Hを2017年2月中旬に新発売します。

 

<日本全国が通話範囲。災害時の通信制限も受けにくい>
 PoCトランシーバーは、無線機が持つ同報性(一度の送信で、多人数に一斉連絡できる)を損なわないまま、IP技術によって通話範囲の制限を取り払い、ビジネスの可能性を広げるアイコムの通信システム「IP ADVANCED RADIO SYSTEM」の新製品です。
 一般的なトランシーバーは、ワンプッシュで関係者全員に瞬時に情報を伝えることができる反面、トランシーバーの電波が直接届く範囲でしか交信することができません。IP501Hは、携帯電話網を利用して、日本全国を通話範囲にするトランシーバーとして利用できるものです。送受信を意識せず電話での会話のように通話できる同時通話、ほかの送信者の通話終了を待たずに優先順位の高い情報を割り込んで伝えられる多重通話に対応。もちろん、通話相手を限定して効率よく情報共有できるグループ通話・個別通話にも対応しています。
 また、災害時に通信制限の影響を受けやすい音声回線ではなく、データ回線を使うため、企業や自治体におけるBCP用途の導入にも適しています。

 

<auとdocomoからサービス網を選択可能>
 IP501Hのサービスは、マルチキャリアに対応。当社が提供するSIMを選択することで、au 4G LTE回線、docomo 3G/LTE回線、どちらにも対応可能です。さらに、先発のau 4G LTE専用機であるIP500Hとの通話互換も達成しています。
 加えて、端末となる IP501H にはIP67の防塵・防水性能をもたせたほか、本体だけでハンズフリーでの同時通話を可能にするエコーキャンセラーを搭載。また、車載利用に適したクレードル(充電器)とスピーカーマイクなどオプションも豊富に用意し、多彩な業務スタイルにフィットできるようにしました。

 

★IP501Hのおもな特長

 

・携帯電話網を経由することで日本全国を通信範囲とする免許・資格不要のトランシーバー

 

・au 4G LTE回線と docomo 3G/LTE回線が選べる、マルチキャリア対応機

 

・データ回線を使うため、音声回線に比べて災害時などの通信制限を受けにくい

 

・同時通話・多重通話のほか、全体・個別・特定グループなど目的に応じて通話先を選択可能

 

・防塵・防水対応(IP67)なので、屋外や水場でも安心して利用可能

 

・車載利用に適したクレードルなど豊富なオプションで多彩な業務スタイルに対応

 


 

 詳細は下記関連リンクを参照のこと。またアイコムのIP500Hと「IP ADVANCED RADIO SYSTEM」については、hamlife.jpの過去記事が参考になる。

 

<無線従事者資格不要、auの4G LTE(800MHz帯)を利用>アイコム、全国と交信できる業務用LTEトランシーバー「IP500H」を発表
http://www.hamlife.jp/2015/08/17/icom-ip500h/

 

 

 

●関連リンク:auとdocomo両キャリア対応のIP無線機が登場。PoCトランシーバー IP501Hを新発売(アイコム プレスリリース)

 

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター