hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
C4FMデジタルキャンペーンのお知らせ I 八重洲無線株式会社

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2017 > <オリジナル(QSL)カードほか、読者3大特典あり!>フリラー待望の1冊、8月31日に「ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2」が三才ブックスから刊行


<オリジナル(QSL)カードほか、読者3大特典あり!>フリラー待望の1冊、8月31日に「ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2」が三才ブックスから刊行

株式会社三才ブックスは、2017年8月31日(木)に「ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2」を刊行する。同書は昨年好評だった、351MHz帯デジタル簡易無線登録局、特定小電力無線、合法CB無線(市民ラジオ)など、特別な資格を必要としないで楽しめる「ライセンスフリー無線」を1冊にまとめたムックの第2弾となる。話題の合法CB無線機の新製品「JCBT-17A」の紹介のほか、特別付録としてオールカラー「懐かしの市民ラジオカタログ」が付く。本誌購入者特典として、オリジナル(QSL)カード3枚組セットや「JCBT-17A」のモニター機貸し出し、IP無線機のプレゼントなどを用意。B5サイズ・オールカラーの豪華な作りで価格は1,600円+税。

 

「ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2」の表紙

今回、購入者特典としてプレゼントされるオリジナル(QSL)カード3枚組セット

 

 

 今回、「デジタル簡易無線から新CB無線まで」をテーマに、仕事に!ホビーに!資格のいらない無線を使いこなす内容が1冊にまとめたムック「ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2」が、月刊誌「ラジオライフ」で知られる三才ブックスから8月31日(木)に発売される。

 

 巻頭企画は、新型ポータブル機として話題となっている静岡県浜松市のメーカー「株式会社サイエンテックス」が開発・販売を行う新製品「JCBT-17A」の開発ストーリーや、ヤフオクで買ってはいけない無線機、実践!開局ガイド&デジタル簡易無線の再免許申請などを紹介。

 

 また「フリラー(ライセンスフリー無線愛好家)デビューへの道」というマンガが初登場するほか、特別付録(オールカラー)として「懐かしの市民ラジオカタログ」が付く点が見逃せない。1970年代後半に、中高生を中心に空前の市民ラジオブームが起きた当時の市民ラジオのカタログを掲載し、市民ラジオブームの軌跡を追う。

 

 

「本誌購入者3大特典」として、「抽選でJCBT-17Aモニター機貸し出し」「抽選でSIMフリーIP無線機・X-TALK F22プレゼント」「オリジナル(QSL)カード3枚組セットプレゼント」がある。

 

“フリラー(ライセンスフリー無線愛好家)”にとって待望の1冊に間違いないだろう。掲載されている内容は下記のとおりだ。

 

 

 

◆巻頭企画
漫画 フリラデビューへの道
サイエンテックス新製品 JCBT-17A 開発ストーリー
JCBT-17A試作機インプレッション

 

「サイエンテックス新製品 JCBT-17A 開発ストーリー」の記事サンプル

 

 

◆第1章 フリラ開局編
誰でも自由に使えるライセンスフリー無線とは?
ライセンスフリー無線を聞いてみよう
特小? デジ簡? 市民ラジオ? どれくらいの予算が必要?
デジタル簡易無線の個別・包括申請方法
コールサインを考えて運用しよう
デジ簡モービルシャック構築ガイド
あなたのクルマのシャック拝見!突撃YOUR SHACK
ヤフオク!&Amazon等で買ってはいけない無線機

 

「特小? デジ簡? 市民ラジオ? どれくらいの予算が必要?」の記事サンプル

「デジタル簡易無線の個別・包括申請方法」の記事サンプル

「あなたのクルマのシャック拝見!突撃YOUR SHACK」の記事サンプル

 

 

◆第2章 フリラの実用編
仕事で使えるライセンスフリー無線
アルインコ独自方式のデジ簡を活用しよう
仕事にも趣味にも大活躍のIPトランシーバー X-TALK F22

 

「アルインコ独自方式のデジ簡を活用しよう」の記事サンプル

「仕事にも趣味にも大活躍のIPトランシーバー X-TALK F22」の記事サンプル

 

 

◆第3章 これが現代の市民ラジオ編
待望の新型市民ラジオ SR-01を使ってみよう!
しずおかDD23局が製作した ICB-R5 RX27
フクオカAB182局が製作した CB-ONEシリーズ

 

 

 

◆第4章 カタログ編
アルインコの魅せる本気のデジタル簡易無線機
メーカー開発陣に聞く!DJ-DPS70 & DR-DPM60
DJ-DPS70 & DR-DPM60フィールドテスト
遠距離対応が魅力的のデジタル簡易無線カタログ
フリラーオススメの特定小電力無線機
懐かしき市民ラジオ ポータブル機編
SR-01用オプション

 

「第4章 カタログ編」の記事サンプル

「交信イベントに参加しよう」「特小レピーターを活用してみよう」の記事サンプル

 

 

◆第5章 ステップアップ編
特小周波数の互換表
無線ショップリスト
コールサイン一覧

 

 

 

◆特別付録
懐かしの市民ラジオカタログ

 

特別付録「懐かしの市民ラジオカタログ」。市民ラジオのカタログが語りかける市民ラジオブームの軌跡を紹介。当時のカタログはこんなに豪華だった!

 


 

「ハムフェア2017」会場内(C-043)でも同書を販売!
さらにフリラー向け「業務日誌(ログブック)」も登場

 

 なお、できたてホヤホヤの同誌の販売を、9月2日(土)と3日(日)に開催される「ハムフェア2017」の「A4マニアックス」ブース(クラブブース「C-043」)で計画している。会場で購入の場合は、購入者特典の「オリジナル(QSL)カード3枚組セット」がその場でプレゼントされるという。

 

 また、A4マニアックスでは今回のハムフェア2017開催に併せて、フリラー向けの「業務日誌(ログブック)」を制作。会場の同ブースで販売を行う。

 

 いままでアマチュア無線用のログブックや一般的なノートやメモ帳などを利用していたフリラーには朗報だろう。移動運用メインの運用スタイルに併せて、サイズはA5サイズとコンパクトだ。1ページに15局分の交信が記録できる。価格は800円(税込み)、60ページ分、片面印刷のため30枚の仕様となる。

 

今回、A4マニアックスがフリラー向けに新たに制作した「業務日誌(ログブック)」

表紙(左)とデータ面。1ページに15局分の交信が記録できる

 

 

「A4マニアックス」のブース番号「C-043」は、「【追記:出展団体ブース番号が確定】<事前にチェック!会場内のブース配置図>今年は1階から4階へ 『ハムフェア2017』における企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事(7月25日記事)で場所の確認ができる。

【追記:出展団体ブース番号が確定】<事前にチェック!会場内のブース配置図>今年は1階から4階へ 「ハムフェア2017」における企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明

 

 

 同書の購入は下記Amazonリンクからの予約が確実なほか、昨年8月に発刊され好評のうちに品切れ状態となった第1弾の「ライセンスフリー無線完全ガイド」が電子版(Kindle版ほか)としてAmazonなどで購入できる。

 

 

 

 

●関連リンク:
・ライセンスフリー無線完全ガイド Vol.2 (三才ブックス)
・「フリラ」向けログブック販売開始!(from A4maniax DXing!)

 

 

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター