hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > エアーバンド > <民間機のVHF帯エアーバンドにスポットを当てた>三才ブックス、9月28日に「航空無線のすべて2018」を刊行


<民間機のVHF帯エアーバンドにスポットを当てた>三才ブックス、9月28日に「航空無線のすべて2018」を刊行

株式会社三才ブックスは、2017年9月28日に「航空無線のすべて2018」を刊行する。同書は毎年、民間機や軍用機のエアーバンドから航空祭情報や受信機材などの最新情報を掲載しているムックで、今回は“エアーバンドの基本”ともいえる、民間航空機が使用するVHF帯エアーバンドにスポットを当てている。別冊付録に「エアーバンド手帳2017-2018」がつき、価格は1,620円(税込)。

 

 

「航空無線のすべて2018」表紙

 

 

 hamlife.jpでは、趣味(hobby)としての「無線」に関連した雑誌や書籍の刊行情報も紹介している。三才ブックスは毎年、秋の航空イベントシーズンの直前に、民間機や軍用機といった航空無線の受信方法と周波数データ、用語解説、受信機選びなどをまとめたムック「航空無線のすべて」シリーズを刊行している。

 

 9月28日に刊行する最新刊「航空無線のすべて2018」は、エアーバンドの基本、民間航空機が使用するVHF帯エアーバンドにスポットを当てている。巻頭トピックスでは福岡空港と新千歳空港のリポートと連動させ、エアーバンドの受信ノウハウを徹底解説。

 

 さらにエアーバンドの受信機材も徹底レビューし、ハンディ機のベストバイから、アイコムの新製品「IC-R8600」を中心に固定機市場で人気の5機種まで、測定データと実際の受信でインプレッションを行っている。

 

 またミリタリーエアーバンドは、行けば絶対に聞ける「航空祭」の受信方法と楽しみ方を解説。震災以降、初めての開催となった松島基地航空祭など、各地の航空祭をエアーバンドの面からリポートしている。

 

 

 同書の内容は次のとおり。

 

◆「航空無線のすべて2018」仕様
・版型:A5判
・別冊付録:「エアーバンド手帳2017-2018」
・発売日:2017年9月28日
・価格:1,620円(税込)

 

◆記事内容(目次)

 

■エアーバンドが受信できる場所

 空港へ行こう
  福岡空港(福岡県)
  新千歳空港(北海道)

 航空祭に行こう
  松島基地航空祭(宮城県)
  千歳基地航空祭(北海道)
  美保基地航空祭(鳥取県)
  岩国航空基地フレンドシップデー2017(山口県)
  海上自衛隊の航空祭(館山・鹿屋・大村)

 

■第1章 エアーバンドの基本
 初めての受信機選び
 エアーバンド受信の実践的ノウハウ

 

■第2章 エアーバンドの受信機
 エアーバンド専科ベストバイ・ハンディ機
 固定機インプレション
  アイコム IC-R8600
  エーオーアール AR8600MARK2
  エーオーアール AR5000
  エーオーアール AR5001D
  ウエーブテック WR3600
 受信サポート機材
  ナテック NPA120A
  朝日電器 ER-C57WR

 

■第3章 ミリタリーエアーバンド
 航空祭で受信しよう
 航空祭実践ガイド
 陸自ヘリの独自エアーバンド

 

■別冊付録 エアーバンドの周波数データ集 「エアーバンド手帳2017-2018」

 

「航空無線のすべて2018」より

「航空無線のすべて2018」より

別冊付録 「エアーバンド手帳2017-2018」

 

 

 同書の予約・購入は、下記のAmazonリンクが便利で確実だ。

 

 

 

 

●関連リンク:三才ブックス

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】