hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <TSSの訴訟は「和解」、理事の就任は「満80歳未満、重任制限なし」に改定>JARL、第35回理事会報告を会員専用ページに掲載


<TSSの訴訟は「和解」、理事の就任は「満80歳未満、重任制限なし」に改定>JARL、第35回理事会報告を会員専用ページに掲載

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、さる2017年9月30日(土)と10月1日(日)の2日間、連盟事務局で第35回理事会を開催し、その報告をWebサイトの会員専用ページで公開した。同理事会では一般社団法人の発足時点からあった「役員の就任年齢制限(立候補は満75歳未満に限る)」と「重任制限(連続4期8年まで)」という覚書の改定、「前任の関東地方本部長による不適切な会計処理」について同地方本部の会計幹事からの聴取結果、選挙規定の改正の3点が議案となった。また審議後の業務報告では、TSS株式会社から東京地方裁判所に提訴された「委託計算料等請求事件」の“和解”が成立したとの報告があった。同理事会報告の閲覧はJARL会員のみで、コールサインと登録したパスワードが必要となる。

 

 

 

 JARL Webの会員専用ページに掲載された「第35回理事会報告」によると、同理事会では「理事重任並びに年齢制限検討ワーキンググループからの提案“覚書事項”の改正について」「監事による関東地方本部会計幹事と会計監査からの聴取結果について」「選挙規定の改正について」の3議案が審議された。

 

 

★理事重任並びに年齢制限検討ワーキンググループからの提案 「覚書事項」の改正について
 JARLが一般社団法人となった際の「覚書事項」として存在する、「役員の就任年齢(選挙のある年の2月7日現在で満75歳未満でなくては立候補できない)」と、「重任制限(役員の重任は連続4期8年まで。一旦役員でなくなった者が再度役員に就任した場合は改めて4期8年まで務められる)」という項目を、年齢制限検討ワーキンググループが検討した結果として、「理事の重任制限は設けない、理事の年齢制限は現行の75歳未満を80歳未満に延長する」とする改定案を同理事会で提案した。

 

 その理由として「理事には正員による理事候補者選挙と社員総会による選任という二重のフィルターがあり、重ねての制限はいかにも荷重である」「エリアによっては人材不足が深刻化しており、現行制度があると規則第37条第1項の“ただし書きによる地方本部長”(注:JARLが指名する、理事ではない地方本部長)が増える恐れがあること」「国として高齢者の活躍を助長している現状の中、連盟においてもこうした施策に応じて制限を緩和することが適当と判断」という3点を挙げた。
 その後、出席理事が審議と採決を行い、賛成12、反対4、保留1で原案通り承認され、改定された覚書事項は平成29年9月30日に即日施行された。

 

 

★監事による関東地方本部会計幹事と会計監査からの聴取結果について
 第33回の理事会から取り上げられている「前任の関東地方本部長による不適切な会計処理」について、JARL監事が関東地方本部の会計幹事に聞き取り調査を行った結果の説明があり、「関東地方本部会計幹事と会計監査は任に堪えない」「今後の改善策の例示と、理事会として関係者に何らかの処分を検討すべき」との意見が述べられた。

 

 審議の結果、「関係者に会長名で注意処分を行う」「会計幹事の選任者および会計監査の推薦者に、両担当者は任に適しない旨を通知する」「これらの処分が法的に問題ないか弁護士に助言を求める」の3点で対応することとなり、全員が承認した。

 

 

★選挙規定の改正について
 平成30年に実施する通常選挙から、社員への立候補者も理事候補者と同様に「所信」が提出できるように改正することと、従来の選挙規定にあった「連盟の組織もしくは役職名を使用して特定の候補者のための選挙運動をしてはならない」という制限を廃止するという改正案が審議され、全員が承認した。

 

 

 また議案の審議終了後に行われた業務報告の中で、TSS株式会社が東京地方裁判所に提訴していた「委託計算料等請求事件()」について、和解が成立したことが会長から報告された。なお「和解条項により経緯および内容については開示しないこととなっている」という。

 

2014年5月の第16回理事会報告によると、「委託計算料等請求事件」とは、TSS株式会社がJARLに対し、平成25年11月から平成26年11月までの間の委託計算料等、総額5421万6978円を請求するという内容の民事訴訟。平成26年2月25日付で東京地方裁判所民事第17部に提訴された。一連のJARLとTSS株式会社の委託契約解除問題は、2013年10月末に発生したJARLの「会員情報管理システム」や「JARL Webサーバー」などのシステム障害の原因とも言われている。

 

 

 理事会報告の詳細は、下記関連リンクのJARL会員専用ページ(要ID、パスワード)からPDF形式で閲覧が可能だ。

 

 

※2013年に発生した、一連の「JARLシステム障害問題」関連記事は ココをクリック!!

 

 

 

●関連リンク:JARL理事会報告(JARL Web 会員専用ページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】