hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > <今夜21時まで>各バンドの状況は!? 「第56回ALL JAコンテスト」3.5~50MHz帯で開催中

<今夜21時まで>各バンドの状況は!? 「第56回ALL JAコンテスト」3.5~50MHz帯で開催中

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)が主催する国内コンテスト「第56回ALL JAコンテスト」が4月26日21時から3.5/7/14/21/28/50MHz帯の各アマチュアバンドで開催されている。太陽黒点数(SSN)が突然「70台前半」にまで低下する中、各バンドの状況はどうだろうか。コンテストはきょう27日21時まで。

 

 本格的なコンテストシーズンの幕開けを告げる、春の「ALL JAコンテスト」が今年も開催されている。競技時間が丸24時間で参加しやすく、高校や大学のクラブ局は4月に入部したばかりの新人を“鍛える”のに絶好の日程であることから、昔から日本を代表するコンテストとして愛されてきた(競馬になぞらえ「春のGⅠコンテスト」と称するファンもいる)。
 4月26日の開始直後は7MHz帯が賑わい、コンテスト周波数の7.010~7.030MHz(電信)、7.060~7.140MHz(電話)は、まったく空きスペースが見られないほど。その後は時間経過とともに3.5MHz帯などで大混雑が見られた。

 

ALL JAコンテスト開始直後の7MHz帯(7.0~7.2MHz)の状況

ALL JAコンテスト開始直後の7MHz帯(7.000~7.200MHz)の状況。コンテスト周波数はギッシリと詰まっている

 

深夜0時の3.5MHz帯(3.500~3.575MHz)。CWのコンテスト周波数を中心に賑わっている

深夜0時の3.5MHz帯(3.500~3.575MHz)。CWのコンテスト周波数を中心に賑わっている

 

 しかしコンディションはいまひとつ。14MHz帯は時間帯によって多少の国内伝搬が見られたが、21MHz帯以上はオープンしないまま27日の朝を迎えている。このあと日中にどれだけ国内がオープンするかが気になるところだ。
 50MHz帯はコンテスト開始前の26日夕方16時頃から2時間ほど南方向のスキャッターで国内各エリアが良好に聞こえていたが、コンテスト開始後はグランドウェーブのみとなっている。今日も午後に同様の伝搬が起きればマルチの増加も期待できる。

 なお、これからコンテストに参戦する方のために、リンクを下記関連リンクに掲示しておく。

 

ALL JAコンテスト参加者の使用周波数帯(JARL Webより)

ALL JAコンテスト参加者の使用周波数帯(JARL Webより)

 

 

●関連リンク:
・第56回ALL JAコンテスト規約(JARL Web)
・昨年(2013年)のALL JAコンテスト入賞者成績一覧(JARL Web)
・JARLコンテストページ

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)