hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > <報道機関が大きな扱い!>関東総通、ダンプカーに開設した不法無線局で「小型衛星」との通信に障害を与えていた男を告発

<報道機関が大きな扱い!>関東総通、ダンプカーに開設した不法無線局で「小型衛星」との通信に障害を与えていた男を告発

関東総合通信局は5月12日、東京都新宿区の路上で警視庁四谷警察署と合同でダンプカーに開設した不法無線局の取締りを実施。JAXAがH-IIAロケットで打ち上げた小型衛星との通信に障害を与えていた神奈川県川崎市在住の男性(25歳)を電波法第4条の違反容疑で同警察署に告発した。

 

 発表によると、この男性は不法に無線局を開局(アマチュア無線機を使用)し、大学が科学技術研究等のために本年2月にJAXAが種子島からH-IIAロケットで打ち上げた小型衛星との通信に障害を与えていたため、関東総合通信局が警視庁四谷警察署に告発、受理されたもの。同局は「不法無線局に対して、今後も継続的に取締りを行っていきます」と述べている。

 

 なお共同通信の報道によると、多摩美大の衛星(ARTSAT1「INVADER」)で、データが受信できなくなるトラブルがあり、スピーカーに切り替えたところダンプカーとおぼしき交信内容が聞こえたことから、同大学が5月1日に関東総通に申告していたという。
 また時事通信の報道によると、多摩美術大学から申告を受けた関東総合通信局は、新宿区歌舞伎町の工事現場に出入りしている複数のダンプカーを「発信源」と特定し、そのうちの1台を運転していた男性を突き止めたという。

 
<参考>不法無線局開設者への適用条項
・電波法第4条(無線局の開設)
 「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない。(以下略)」

・電波法第110条(罰則)
 「次の各号のいずれかに該当する者は、1年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。第1号 法第4条の規定による免許がないのに、無線局を開設した者(一部略)」

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

「不法無線局の開設者を告発≪警視庁四谷警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫」と発表! 財務省関東総合通信局の報道資料から

「不法無線局の開設者を告発≪警視庁四谷警察署と共同で不法無線局の取締りを実施≫」と発表! 総務省関東総合通信局の報道資料から

 

 

●関連リンク:

・不法無線局の開設者を告発(総務省 関東総合通信局)
・衛星通信に障害の疑いで初告発 ダンプ運転手が無免許無線局(共同通信ニュース)
・小型衛星の通信妨害=無免許開設容疑で運転手告発-総務省(時事ドットコム)

・周波数が一致、人工衛星への通信妨害疑いでダンプ運転手を告発(サンケイスポーツ)

・無免許で無線局、通信に障害 容疑の運転手を告発(日本経済新聞)

・本学・東大共同開発「芸術衛星 INVADER」がH-IIAロケットに相乗り決定(多摩美術大学)

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)