hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <正式発表!!>八重洲無線、C4FM対応の「WIRES-X」を6月中旬にリリース開始、接続キットのHRI-200を発売へ


<正式発表!!>八重洲無線、C4FM対応の「WIRES-X」を6月中旬にリリース開始、接続キットのHRI-200を発売へ

八重洲無線株式会社は6月6日のメールニュースで、C4FM FDMA方式のデジタル通信に対応した、インターネット接続の通信システム「WIRES-X(ワイヤーズ・エックス)」をリリース開始し、関連機器(接続キット・HRI-200)を6月中旬に発売予定であることを発表した。

 

 

八重洲無線のWIRES-X接続キット、HRI-200の試作品。ハムフェア2012会場で撮影

八重洲無線のWIRES-X接続キット、HRI-200の試作品。ハムフェア2012会場で撮影

 

 6月6日、同社がメールニュースで発表した内容は下記のとおり。

 

『WIRES-Xがいよいよリリースされます。アマチュア無線のインターネット通信では、日本最大のネットワークを誇るWIRESがC4FM対応のWIRES-Xとしてさらに進化を遂げました。
WIRES-Xでは、C4FMデジタルならでは高品位な音声と優れた操作性、使いやすく楽しい多くの新機能を実現しました。

 

発売時期→6月中旬予定

 

【WIRES-Xキャンペーン予告】
WIRES-Xご購入キャンペーンを行う予定です。詳細につきましては次号でご案内致します』

 

 WIRES-Xは同社が提唱するVoIP通信システム「WIRES-II」のデジタル版という位置づけで、パソコンと無線機(C4FM FDMA方式の機種=現状ではFTM-400D)を接続するキット「HRI-200」が、2012年のハムフェア会場で初展示された。実に約2年かけての商品化となった。
 なお販売店筋の情報によると、HRI-200の希望小売価格は22,000円(税別)。ノード間通信をC4FMモードで結ぶことで音質劣化がなく、高音質のVoIP通信が可能になるほか、音声以外に画像やテキストメッセージなどをアップロードすることもできることから、コミュニケーションの幅が広がると案内されている。

 

 

●関連リンク:八重洲無線株式会社

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」