hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <変更個所は不明>八重洲無線、FTM-400D/DHの新ファームウェア(Ver.1.30)を公開


<変更個所は不明>八重洲無線、FTM-400D/DHの新ファームウェア(Ver.1.30)を公開

八重洲無線株式会社は、独自の「C4FMデジタルモード」を搭載した車載タイプのアマチュア無線機、FTM-400D/DHの新ファームウェア(Ver.1.30)を6月27日夜に公開した。6月13日にWIRES-X対応のファームウェア(Ver.1.20)が公開されてからわずか2週間での新ファーム公開だが、その変更点は明確になっていないようだ。

 

八重洲無線のWebサイトで公開された、新ファームの概要は下記のとおり。

 

●FTM-400D、FTM-400DHの新ファームウェア
 メインファームウェア:Ver.1.30
 ※DSPファームウェアは6月13日公開の「Ver.2.10」が最新

 

おもな変更点
 1.WIRES-Xに対応しました。
 2.付属のマイク(MH-48A6JA)のテンキーを使用してGMメッセージとAPRSメッセージの英数文字の入力をできるようにしました。
 3.ボイスガイドユニットFVS-2(オプション)のガイダンス出力または音声再生時に、受信音のミュートON/OFFを選択可能にしました(セットモード)。
 4.その他、機能改善および最適化を行いました。

 

 上記の「おもな変更点」はVer.1.20に書かれていたものと同一の内容。Ver.1.20→1.30の具体的な変更個所は不明のままとなっている。
 なお、新ファームへのアップデートを行うためには、公開されている新ファームの説明書(「ファームウェア更新情報」のPDF)をよく読み、対象機種用のファームウェアを正しくインストールしなくてはならない。また「メインファームウェア」と「DSPファームウェア」の両方をアップデートする必要がある。
 詳細とダウンロードは下記関連リンクにある「アップデートファームウェア ダウンロード」の項目を参照のこと。

 

 

●関連リンク:
・FTM-400D/FTM-400DH 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」