hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > 【7月6日に更新】アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG Ver5.23b」の追加・修正ファイル(テスト版)を公開

【7月6日に更新】アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG Ver5.23b」の追加・修正ファイル(テスト版)を公開

 アマチュア無線業務日誌のフリーソフトとして、多くの無線家に愛用されている「Turbo HAMLOG(通称「ハムログ」)」。そのWindows版が4月13日に「Ver 5.23b」としてバージョンアップしたが、「追加・修正ファイル(テスト版)」が5月11日→5月15日→5月22日→5月23日→6月22日→6月23日→6月24日→6月27日→6月28日→7月5日続き、新たに7月6日に「その後の進捗状況」として更新された。

 

 

 JG1MOU・浜田氏が制作している「ハムログ」はフリーソフトであることはもちろん、直感的な操作性などで愛好者も多い。そのハムログの新バージョン版「Ver 5.23b」が4月13日に公開されたが、5月11日→5月15日→5月22日→5月23日→6月22日→6月23日→6月24日→6月27日→6月28日→7月5日に続き、新たに7月6日に「追加・修正ファイル(テスト版)」を「その後の進捗状況」として更新した。今回更新した内容は下記のとおりとなっている(同Webサイトから)。

 なお、ハムログの追加修正ファイルがアップされることはしばしばあるが、通常のバージョンアップとはファイルの種類やインストールの方法が異なるので、 導入は慎重に。処理方法がわからない場合は、次回のメジャーアップデートを待つほうが無難だ。

 

 

その後の進捗状況(2014/7/5と7/6の更新内容は同じ)

※Ver5.23bに上書き解凍してください。

※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA
・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。
・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT
・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE
・入力ウインドウに自由に使えるチェックボックスを2個追加しました。例えば、自局が移動運用だった場合、’1’にチェックを入れておくとか。’1’はチェック状況が保存され、’2’はQSO毎にクリアされます。これに伴い一覧では、DC12と表示されます。DX,CQ,1,2のチェック状況です。
・QSL印刷定義に ?Check1 と ?Check2を追加。上記チェックボックスの判定用。
・テキストデータV,Wに制限を設け、あまりにも古い内容が含まれる場合、使用できないようにしました。特に2000年頃の某愛好会データは旧姓のまま登録されている方が多く、現在もダウンロードできるので使えないようにしました。
・QSL定義に#DoLoopと#EndLoopを追加
・#Mov命令では #Mov $$X=$$Y+1 のように足し算、引き算も可としました。

 

 

その後の進捗状況(2014/6/28更新内容)

※Ver5.23bに上書き解凍してください。

※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA
・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSO
 だった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。
・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT
・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE
・入力ウインドウに自由に使えるチェックボックスを2個追加しました。例えば、自局が移動運用だった場合、’1’にチェックを入れておくとか。
  ’1’はチェック状況が保存され、’2’はQSO毎にクリアされます。
・QSL印刷定義に ?Check1 と ?Check2を追加。上記チェックボックスの判定用。
・テキストデータV,Wに制限を設け、あまりにも古い内容が含まれる場合、使用できないようにしました。特に2000年頃の某愛好会データは旧姓のまま登録されている方が多く、現在もダウンロードできるので使えないようにしました。

 

 

その後の進捗状況(2014/6/27更新内容)

※Ver5.23bに上書き解凍してください。

※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA
・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。
・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT
・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE
・入力ウインドウに自由に使えるチェックボックスを2個追加しました。例えば、自局が移動運用だった場合、’1’にチェックを入れておくとか。
・テキストデータV,Wに制限を設けました。あまりにも古い内容が含まれる場合、使用できないようにしました。特に2000年頃までのAikoukai.txtというデータでは旧姓の方が多く登録されており、現在もダウンロードできますので使えないようにしました。
・QSL印刷定義に ?Check1 と ?Check2を追加。上記チェックボックスの判定用

 

 

その後の進捗状況(2014/6/23、6/24の更新内容は同じ

※Ver5.23bに上書き解凍してください。

※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA
・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。
・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT
・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE
・入力ウインドウに自由に使えるチェックボックスを2個追加しました。例えば、自局が移動運用だった場合、’1’にチェックを入れておくとか。
・テキストデータV,Wに制限を設けました。あまりにも古い内容が含まれる場合、使用できないことがあります。
・QSL印刷定義に ?Check1 と ?Check2を追加。上記チェックボックスの判定用。

 

 

その後の進捗状況(2014/6/22更新内容

 ※Ver5.23bに上書き解凍してください。

 ※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA

・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。

・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。

・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT

・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE

・入力ウインドウに自由に使えるチェックボックスを4個追加しました。例えば、自局が移動運用だった場合に’1’にチェックを入れておくとか。

 

 

その後の進捗状況(2014/5/22、5/23の更新内容は同じ)

 ※Ver5.23bに上書き解凍してください。

 ※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA
・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。
・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT
・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE

 

 

その後の進捗状況(2014/5/15更新内容)

 ※Ver5.23bに上書き解凍してください。

 ※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA

・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。

・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。

・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT

 

 

●その後の進捗状況(2014/5/11更新内容)

 ※Ver5.23bに上書き解凍してください。

 ※解凍したファイルHamlogw.exeを右クリックし、プロパティでブロックの解除を実行しなければうまく動作しない場合があります。テスト版につき、処理方法がよく解らない方は無理に使用しないでください。

 

 ・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA

 ・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。

 

 

 

 

●関連リンク:

・Turbo HAMLOG/Win Ver5.23b

・Turbo HAMLOGホームページ

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)