hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <ARRL Field Day>NASAの宇宙飛行士、国際宇宙ステーションから「NA1SS」でフィールドデーに参加!!

<ARRL Field Day>NASAの宇宙飛行士、国際宇宙ステーションから「NA1SS」でフィールドデーに参加!!

6月28~29日にARRL Field Day 2014が開催されたが、NASAの宇宙飛行士で5月に国際宇宙ステーション(ISS)に到着したばかりのReid Wiseman氏(KF5LKT)が、「NA1SS」のコールサインで144MHz帯から参加し、地上からのパイルアップを楽しんだようだ。

 

 

国際宇宙ステーションのWiseman宇宙飛行士

国際宇宙ステーションのWiseman宇宙飛行士

 

 

「ARRL Field Day 2014をエンジョイ」と、Wiseman宇宙飛行士はツイッターでつぶやいた。「私は、ISSのESA(欧州実験棟)コロンバス・モジュールから運用し、たくさんのコールをもらった!」Wiseman宇宙飛行士はごく一般的な周波数である144MHz帯の144.49~145.80MHzで「NA1SS」を運用した。彼がどれくらいの数の局とコンタクトできたかは、まだ明らかでない。

 Field Dayに参加した、メリーランド州グリーンベルトにあるクラブ局、WA3NANは「NA1SS」とコンタクトすることに成功したうちの1局だ。「パスはほとんど大西洋の向こうの東へ過ぎて、疑いなくそこは静かだった」と、代表者のMcCown氏は伝えてきた。

 またアリゾナ州のPatrick Stoddard氏(WD9EWK/VA7EWK)は、ISSがアメリカ西部を通過した際、Wiseman宇宙飛行士とのコンタクトに成功した。「今朝、ISSが米国西部上空を通過した1818UTCに、私はARRL(と、AMSAT)フィールドデー最初のQSOとしてNA1SSと交信した」と、彼はISS ファンクラブ・フォーラムに投稿した。 (ARRLニュース 7月1日付より抄訳 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:

「NASA Astronaut’s ISS Field Day Operation Puts Smiles on Several Faces」(ARRL NEWS)

ISS FAN CLUB 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)