hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2021年1月2日~7日開催 お正月をQSOパーティ de 楽しもう!

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <34%以上の大幅値上げ>米連邦通信委員会、バニティ・コールサインの申請手数料を21.60ドルに改定を要求

<34%以上の大幅値上げ>米連邦通信委員会、バニティ・コールサインの申請手数料を21.60ドルに改定を要求

FCC(米国連邦通信委員会)はアマチュア無線のバニティ・コールサイン(一定条件下で希望する文字列のコールサインが取得できる制度)の申請手数料を、現在の16.10ドルから21.60ドル(免許期間:10年間)に値上げするよう求めている。5.50ドルの値上げは過去最大の値上げ幅となる。この提案は7月3日に報告された「2014年度手数料の評価と集金/2013年度手数料の評価と集金/手数料の評価と集金の手続き」法案に含まれている。

 FCC は、この支払い対象が2014会計年度は11,500件であると報告した。バニティ・コールサインの申請手数料2013会計年度で 230,000ドルの収益を生み出すと言い、それが2014会計年度では、約248,000ドルになると見積もっている 。利害関係のある団体は法案についてコメントするために30日の猶予が与えられている。バニティ・コールサイン料金の変更は、一般的に8月下旬または9月上旬に実施されている 。 (ARRLニュース 7月3日 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:「FCC Seeks to Raise Vanity Call Sign Fee to $21.60」(ARRL NEWS)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」