hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <FMラジオ内蔵、イヤホンマイク付きを“2台セット”で販売>エフ・アール・シー、特定小電力ハンディ機「NX-20X」を新発売!!

<FMラジオ内蔵、イヤホンマイク付きを“2台セット”で販売>エフ・アール・シー、特定小電力ハンディ機「NX-20X」を新発売!!

レーダー探知機やドライブレコーダー、各種通信機器の製造販売などで知られる株式会社エフ・アール・シーは7月8日、400MHz帯の特定小電力トランシーバー「NX-20X」を新発売した。特小のポピュラーな単信チャンネル20chを装備、付属のネクタイピン式イヤホンマイクを使用してVOX機能によりハンズフリー送信も可能。さらにはFMラジオも内蔵したというユニークな製品だ。すぐに交信が行えるように「2台セット」で販売。オープン価格だが同社直販サイトでは「2台セット12,800円」で販売する予定という。

 

 

エフ・アール・シーの特定小電力トランシーバー、NX-20X(同社Webサイトより)

エフ・アール・シーの特定小電力トランシーバー、NX-20X(同社Webサイトより)

 

 

「株式会社エフ・アールー・シー」は、レーダー探知機やドライブレコーダーなど自動車用のエレクトロニクス機器や、防犯カメラ、液晶モニター、広帯域受信機といった自社商品の販売のほか、日本のアマチュア無線機器やアンテナの卸販売(メーカーと直接取引をしていない、地方のショップなどに商品を供給)の大手として、アマチュア無線業界内ではよく知られた存在である。
 そのエフ・アール・シーから、20ch搭載の特定小電力トランシーバー「NX-20X」が7月8日に発売された。イヤホンマイク付き、FMラジオ内蔵で“2台セット”のみで販売というユニークな商品だが、直販サイトでの販売予定価格が12,800円と安いのが魅力だ。防災用として準備しておくのもよいだろう。
 特徴とスペックは下記のとおりだ。

<NX-20Xの特徴>

 

・免許・資格不要の特定小電力トランシーバー2台セット

・ネクタイピン式イヤホンマイクがセット、ハンズフリーで使用可能

・20ch搭載。9ch、11chモデルとの交信も可能

・VOX(ハンズフリー)機能搭載

・APO(オートパワーオフ)機能。1時間~6時間の範囲で設定可能

・38グループモード装備

・秘話機能

・FMラジオ

・ベルコール機能

・総務省技術基準適合品

 

 

<NX-20Xの主要定格>

 

・送受信周波数:
 422.050~422.175MHz(12.5KHzステップ)
 422.200~422.300MHz(12.5KHzステップ)

 

・電波型式:F3E

 

・周波数安定度:±2.5ppm以下

 

・受信感度:-9dBμ以下(12dB SINAD)

 

・低周波出力:400mW以下(定格電圧8Ω負荷 10%歪)

 

・電源電圧:DC3.7V(専用充電池)

 

・使用時間:約24時間

 

・動作温度範囲:-10度~+50度

 

・サイズ:幅50×高さ90×奥行19mm(突起物含まず)

 

・重量:約100g(専用電池含む)

 

・カラー:ブラック・ワインレッド

 

・商品構成:NX-20X×2台、イヤホンマイク×2個、ベルトクリップ×2個、バッテリー×2個、充電器×1個、取扱説明書

 

 

●関連リンク:
・特定小電力トランシーバー NX-20X(エフ・アール・シー)
・エフ・アール・シー オンラインショップ

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」