hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <FUNcube-2をホスト>英国の「UKube-1」、7月8日にカザフスタンから発射予定!!


<FUNcube-2をホスト>英国の「UKube-1」、7月8日にカザフスタンから発射予定!!

英国宇宙機関最初のCubeSatとなる「UKube-1」が、7月8日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から宇宙へ向かう。ロケットの打ち上げは15時58分(UTC)の予定で、18時32分に衛星を放出する予定。UKube-1は、FUNcube-2をホストする。FUNcubeプロジェクトは、米国、英国その他の国で現在進行中の科学、技術、工学、数学(STEM)の教育支援を目的としている。ターゲットは、小中高校生である。

 

 

UKube-1(ARRL NEWSより)

UKube-1(ARRL NEWSより)

 

 UKube-1は、スコットランドのグラスゴーにあるクライド・スペース社によって製造された。衛星放出と起動の直後、UKube-1はCWビーコンを送り始め、続いてAX25によるビーコンが発射される。周波数はいずれも145.840MHz。またFUNcube-2のビーコンは145.915MHzで、400mWのSSB/CWトランスポンダー(アップリンク435.080~435.060MHz LSB、ダウンリンク145.930~145.950MHz USB)を含んでいる。またFUNcube-2のサブシステムが起動する際、1200bpsのBPSKテレメトリーが145.915MHzで発射される。

 若年層の無線、宇宙、物理学、電子機器への関心と教育を目的に作られた、10cm立方のFUNcube-1(AO-73)は昨年9月に宇宙に発射された。またFUNcube-3は、6月19日にロシアから発射され、435.035~435.065MHz(LSB)のアップリンク、および145.935~145.965MHz(USB)のダウンリンクのSSB/CWトランスポンダーを搭載している。 (ARRLニュース 7月7日より抄訳 ※許可を得て翻訳転載/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:

「UKube-1 Set to Launch on July 8 from Kazakhstan」(ARRL NEWS)

UKube1

FUNcube

●おすすめ記事:

タグ: ,
レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」