hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > <今年初めてとなる更新!>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG」が7月9日にバージョンアップしてVer5.24を公開


<今年初めてとなる更新!>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG」が7月9日にバージョンアップしてVer5.24を公開

アマチュア無線業務日誌のフリーソフトとして、多くの無線家に愛用されている「Turbo HAMLOG(通称「ハムログ」)」。今回、7月9日にそのWindows版の最新版として「Ver5.24」が公開された。前回の「Ver5.23」の公開が12月28日だったため、約6か月ぶりのバージョンアップとなる。

 

 

7月9日に公開されたTurbo HAMLOG Ver.5.24

7月9日に公開されたTurbo HAMLOG Ver.5.24

 

 

 JG1MOU・浜田氏が制作している「ハムログ」はフリーソフトであることはもちろん、直感的な操作性などで愛好者も多い。そのハムログの新バージョンアップが7月9日に公開された。今回の更新された内容は以下のとおり(同Webサイトから)。

 

 

Ver5.24 2014/7/9

 

・バンド・モード別状況で、サテライトの周波数欄は’SAT’と表示するようにしました。Tnx JM1LRA
・1st-QSOでテキストデータV,Wにヒットし、コールサインを修正したら2nd-QSOだった場合でも「1st-QSOなので・・・」と表示されているので修正。
・マスターデータ一覧表示の動作が、ヘルプと若干異なっていたので修正。
・Wkd/Cfmマスターデータ集計でMode指定があれば、マスターデータ一覧表示などのタイトルバーにモードを表示させるようにした。Tnx JE7JZT
・サフィックスサーチ後に日付時間が確定されてしまうので修正。Tnx JP7CZE
・入力ウインドウに自由に使えるチェックボックスを2個追加しました。例えば、自局が移動運用だった場合、’1’にチェックを入れておくとか。
  ’1’はチェック状況が保存され、’2’はQSO毎にクリアされます。これに伴い一覧では、DC12と表示されます。DX,CQ,1,2のチェック状況です。
・QSL印刷定義に ?Check1 と ?Check2を追加。上記チェックボックスの判定用
・テキストデータV,Wに制限を設け、あまりにも古い内容が含まれる場合、使用できないようにしました。特に2000年頃の某愛好会データは旧姓のまま登録されている方が多く、現在もダウンロードできるので使えないようにしました。
・QSL定義に#DoLoopと#EndLoopを追加
・#Mov命令では #Mov $$X=$$Y+1 のように足し算、引き算も可としました。

 

 

 

 

●関連リンク:

・Turbo HAMLOG/Win Ver5.24

・Turbo HAMLOGホームページ

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」