hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンテスト > 【追記あり】<ヤバイ! 深刻な数値を記録> 太陽黒点数(SSN)がついに「0(ゼロ)」、太陽活動が完全停止状態に!?


【追記あり】<ヤバイ! 深刻な数値を記録> 太陽黒点数(SSN)がついに「0(ゼロ)」、太陽活動が完全停止状態に!?

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」の発表によると、太陽黒点数(SSN)が7月17日(木)に「0(ゼロ)」となってしまった。黒点がまったくないという、いわば完全停止状態だ。ここまでSSNが低下すると誰が予想しただろうか。

 

 

太陽黒点数(SSN)は、ついに最低となる「0」を7月17日(水)に記録した

太陽黒点数(SSN)は、ついに最低となる「0」を7月17日(水)に記録した

 

 太陽黒点数=サンスポットナンバーは7月16日(水)に「11」まで低下したとお伝えしたが、ついに7月17日(木)には「0」という最低レベルの数値を記録した。17日付けの宇宙天気ニュースは「太陽は無黒点になっています。太陽風、磁気圏も穏やかです」と伝えている。

 同じく宇宙天気ニュースによると、7月18日(金)は「太陽に小さい黒点が現れ、無黒点の状態は終わっています」とのことなので、このまま上昇へ転じるのだろうか。

 

【追記】

 とは言っても、実際のコンディションはそれほど悪くないというDXerも少なくない。ここ最近のコンディション(サイクル24)は、SSNと連動していないケースが多いことが特徴だと言ってもいいだろう。

 本来、SSNと地球の電離層の目安となる太陽エネルギー強度の数値(SFI)は連動するが、現在のコンディションはSFIが「88」と、高いからだ。また、地球側の地磁気活動を表す「A-Index」が「1」、「K-Index」が「5」なども起因しているという意見もある。

 事実、21MHz帯では時間によってヨーロッパ方面の信号が聞こえたり、相変わらずARRL(米国アマチュア無線連盟)100周年記念局としてアメリカ各州からサービスを行っている「W1AW」などは、このコンディションにもかかわらず、良好に聞こえるというリポートも上がっている。もちろん、DX局側、JA局側の設備に左右されることは言うまでもない。

 

 

「太陽黒点情報 - 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2014年7月17日の太陽黒点映像。太陽活動が完全に停止した

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2014年7月17日の太陽黒点映像。太陽活動が完全に停止した

 

SSNの低下が著しい状況か確認できる(同Webサイトから)

SSNの低下が著しい状況か確認できる(同Webサイトから)

 

 

●関連リンク:
・太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター

・宇宙天気ニュース

・宇宙天気ニュース(7月16日情報)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)