hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > <待望の新アマチュアバンド>総務省、新たに「475.5kHz帯」の開放と「各バンドの使用区別変更」などの意見を募集


<待望の新アマチュアバンド>総務省、新たに「475.5kHz帯」の開放と「各バンドの使用区別変更」などの意見を募集

総務省は7月31日17時、Webサイトに「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集」の告知を掲載した。これは、アマチュアバンドとして新たに中波帯(MF帯)の「475.5kHz帯」を開放するかなどについて広く意見(パブリックコメント)を募集するものだ。 意見は9月1日(月)17時まで受け付ける(郵送の場合は同日必着)。

 

 

総務省がWebサイトに掲載した「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集」の告知

総務省がWebサイトに掲載した「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集」の告知

 

 

 今回のパブリックコメントの告示案から、ポイントをまとめると以下のとおり。

(1)472kHzから479kHzをアマチュアバンドとして割り当てる。さらに135kHzと1.9MHz帯も合わせて占有周波数帯幅が現行の「100Hz以下」から「200Hz以下」にする(JT65モードを意識してと考えられる)。

 

(2)7MHz帯のA1A(CW)の使用区別を、現行の「7.000kHz~7.025kHz」を、「7.000kHz~7.030kHz」へ拡大。またA1A/F1B/F1D/G1B/G1Dが現行の「7.025kHz~7.030kHz」を、「7.030kHz~7.045kHz」とする。

 

(3)その他のアマチュアバンドの電波型式別使用区別も、アマチュア無線団体(JARL)からの要望を受けて一部見直し。

 

(4)この訓令は、2015年(平成27年)1月5日から施行する。

 

 

 総務省のWebサイトに掲載された、「アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集」は次のような内容だ。

 

1.概要

 アマチュア局が使用できる周波数区別(バンドプラン)は、アマチュア局が通信を行うに当たり、その使用する電波の種類に応じて使用できる周波数の区別を定めているもので、混信の防止や通信の秩序の維持に役立っています。

 今般、2012年世界無線通信会議(WRC-12)での結果を踏まえ、平成25年1月に周波数割当計画が変更され、475.5kHz帯がアマチュア業務に割り当てられたことに伴い、当該周波数帯の電波を使用するアマチュア局と他の無線システムとの周波数共用検討を行った結果、必要な周波数共用条件がまとまったことから、アマチュア業務に使用する周波数帯の使用区別等について見直しを行うものです。

 また、アマチュア無線愛好家団体等からの要望を受け、既存の周波数帯の使用区別、中波帯の占有周波数帯幅の許容値等についても同時に見直しを行うものです。

 これらにより、アマチュア無線に使用できる周波数帯に475.5kHz帯が追加されるほか、主に中短波帯におけるデータ通信用周波数帯が拡大します。

2.意見公募要領

(1)意見募集対象

ア.平成21年総務省告示第125号(アマチュア局の無線設備の占有周波数帯幅の許容値を定める件)の一部を改正する告示案(別添1)

イ.平成21年総務省告示第126号(アマチュア局が動作することを許される周波数帯を定める件)の一部を改正する告示案(別添2)

ウ.平成21年総務省告示第127号(アマチュア局において使用する電波の型式を表示する記号を定める件)の一部を改正する告示案(別添3)

エ.平成21年総務省告示第179号(アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める件)の一部を改正する告示案(別添4)

オ.電波法関係審査基準(平成13年総務省訓令第76号)の一部を改正する訓令案(別添5)

 

(2)意見募集期限

 平成26年9月1日(月)17時(郵送の場合は同日必着)

 詳細については、別紙の意見公募要領のとおりです。

 なお、改正案については、連絡先において閲覧に供するとともに、総務省のホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄及び電子政府の総合窓口[e-Gov](http://www.e-gov.go.jp)の「パブリックコメント」欄に掲載します。

3.今後の予定

寄せられた御意見を踏まえ、速やかに関係告示等の改正を行う予定です。

 

 
 なお、今回の475.5kHz帯は、以前は海上保安庁の海岸局で使われていた周波数だが、国内では、先に開放された135kHz帯に続き2番目に低いアマチュアバンド候補となる。すでにヨーロッパやカナダなど一部の地域では、アマチュアバンドとして許可されている。

●カナダのアマチュア無線局に新しく「472~479kHz」が割り当て

 

 

平成21年総務省告示第179号(アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める件)の一部を改正する告示案(一部抜粋)

soumusyou-472khz-Public-comment-7 soumusyou-472khz-Public-comment-6 soumusyou-472khz-Public-comment-5 soumusyou-472khz-Public-comment-4 soumusyou-472khz-Public-comment-3 soumusyou-472khz-Public-comment-2

 

 

●関連リンク:総務省 アマチュア業務に使用する電波の型式及び周波数の使用区別を定める告示の一部改正案等に対する意見募集

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」