hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > 25年前に打ち上げられたLUSAT-1(オスカー19号)は、まだ生きている


25年前に打ち上げられたLUSAT-1(オスカー19号)は、まだ生きている

1990年に打ち上げられた「LUSAT-1」(OSCAR 19またはLO-19として知られている)は来年25周年を迎えるが、 ある程度再稼働しているように見える。テレメトリを送っているだけでデジタル・トランスポンダーが使用可能だとは報告されていない。

 

LUSAT-1(ARRL NEWSより)

LUSAT-1(ARRL NEWSより)

 

 

「太陽に照らされたときにLUSAT-1が再び送信を始めるということを我々は2年前に知っていた。」と、Pedro Converso氏(LU7ABF)はAMSAT-BBに報告した。最近の夜間パスの間、LO-19が地球の影から出てきた22分後に、「437.125MHzの普通の強い900mWの連続キャリア」を聞いて、彼は驚いた。「打ち上げから25年を経過してもNi-Cdバッテリーが充電可能で使用できるのは、ほぼ奇跡だ」と、彼は言った。

 

 LUSAT-1はアルゼンチン最初の衛星として、1990年にフランス領のガイアナからアリアン4号で発射され、これまでに128,000以上のオービットを完了した。アップリンク周波数は145.84MHz、145.86MHz、145.88MHz、145.90MHzFM、ダウンリンク周波数が437.125MHzでAX25プロトコルのデジタルトランスポンダーを積載している。

 オーディオ・クリップ、追跡情報や受信報告はAMSAT-LUのWebサイトで確認でき、電子メールでのレポートを歓迎している。 (ARRLニュース  8月18日より抄訳 ※許可を得て転載/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:

「Venerable LUSAT-1 (OSCAR 19) Takes to the Dark Side」(ARRL NEWS)

AMSAT-LU(アルゼンチン)
LUSAT-1 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
Tesla Watch テスラウォッチ メンズ腕時計 海外ブランド [並行輸入品]