hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <マイメディア東海>岐阜県内で実施した、東海総通の規正用無線局とJARLガイダンス局の「連携運用」をリポート

<マイメディア東海>岐阜県内で実施した、東海総通の規正用無線局とJARLガイダンス局の「連携運用」をリポート

静岡、愛知、岐阜、三重の4県を管轄する総務省東海総合通信局のWebサイトに掲載されている「マイメディア東海」という広報コーナーに、去る8月27日に岐阜県内で実施された東海総通の「規正用無線局」と、JARL(一般社団法人 日本アマチュア無線連盟)の「ガイダンス局」の連携運用の様子が紹介された。今回の連携運用は管内で通算16回目、JARL岐阜県監査指導委員会とは約1年振りで5回目の連携運用となる

 

 

 8月27日に、岐阜県海津市南濃町羽沢の森の駅において、相互協力による規正用無線局とガイダンス局の連携運用が実施された。この場所は丘陵地帯でロケーションが良く、すぐ近くに国道258号線があることから、移動しながら運用する違法・不法局に対しての効果が発揮できるということで、昨年に続き2回目の運用場所となった。

 アマチュア無線局用に割り当てられた周波数の使用区別を守らない人、運用に際してコールサインを送出しない人などの違反に対して、無線局の正しい運用を促す目的で、電波で注意喚起のメッセージを送信される。

 まずJARLが所有するガイダンス局から電波法に基づいた適正な運用を周知・広報するメッセージを送出し、その後、その違反状況が改善されない場合に当局の規正用無線局から警告・注意を行われた。

 

 

 multimedia-toukai-torishimari-2-1

 9月12日付の東海総通「マイメディア東海」の「東海総合通信局の規正用無線局と日本アマチュア無線連盟のガイダンス局の連携運用(平成26年8月27日実施)」記事(同Webサイトから)

 

 

 

●関連リンク:東海総合通信局 東海総合通信局の規正用無線局と日本アマチュア無線連盟のガイダンス局の連携運用(平成26年8月27日実施)

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」