hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <秋のDXシーズン到来の兆し!>太陽黒点数(SSN)が8月下旬から緩やかに上昇、100台半ばまで回復!!

<秋のDXシーズン到来の兆し!>太陽黒点数(SSN)が8月下旬から緩やかに上昇、100台半ばまで回復!!

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」の発表によると、太陽黒点数(SSN)は8月下旬から緩やかに上昇傾向となり、9月10日(水)には「161」を記録するなど、100台半ばまで回復。実際のコンディションも良好で、待ちに待った秋のDXシーズン到来の兆しが見えてきた。

 

 

 8月下旬からのSSNの状況。緩やかに上昇傾向が見られ、秋のDXシーズン到来が感じられるようになった

 8月下旬からのSSNの状況。緩やかに上昇傾向が見られ、秋のDXシーズン到来が感じられるようになった

 

 

 8月下旬からの太陽黒点数=サンスポットナンバーの推移を見ると、8月30日(土)に「64」を底に、徐々にではあるが、数値が上昇している。200台には届かないものの、安定して100台半ばまで回復した様子がうかがえる。

 実際のコンディションの上昇も感じられるなか、DXerからも「秋のコンディション到来」という声が聞こえてくる。

 また、太陽の黒点数の値となる「SFI(Solar Flux Index)」と「SSN(太陽相対黒点数)」も共に上昇傾向にあり、「サンスポットナンバー」が太陽側のコンディション数値ならば、地球側の地磁気活動を表す「A-Index」や「K-Index」も低く安定しているので、コンディションに期待が持てるだろう。

 

 「宇宙天気ニュース」によると、9月11日(木)午前2時半(世界時間10日7時半)に太陽中央部で大規模なフレアが発生したと伝えている。今後、通信に及ぼす影響が気になるところだ。

 

 

2014年通期では、7月17日(木)に記録した「0」の落ち込みが大きく、回復に時間がかかっている

2014年通期では、7月17日(木)に記録した「0」の落ち込みが大きく、回復に時間がかかっている

 

「太陽黒点情報 - 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2014年9月10日の太陽黒点映像。黒点がはっきり見え出した

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2014年9月10日の太陽黒点映像。黒点がはっきり見え出した

 

数値は安定して100台半ばをキープしている(同Webサイトから)

数値は安定して100台半ばをキープしている(同Webサイトから)

 

 

●関連リンク:
・太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター

・宇宙天気ニュース

・X1.6の大規模フレアが発生しました。CMEも地球方向に発生しています。(宇宙天気ニュース9月11日付

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」