hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <新機能搭載、送受信基本性能も大幅向上!!>JVCケンウッド、HF/50MHz帯のトランシーバー「TS-590Gシリーズ」を新発売

<新機能搭載、送受信基本性能も大幅向上!!>JVCケンウッド、HF/50MHz帯のトランシーバー「TS-590Gシリーズ」を新発売

株式会社JVCケンウッドは10月2日、HF/50MHz帯のトランシーバー「TS-590Gシリーズ」を11月初旬から発売することを発表した。同機種は2010年10月に発売した「TS-590シリーズ」のユーザーから寄せられた要望に応え、基本性能と機能をブラッシュアップ。さらに同社最高級モデルであるTS-990の開発技術を採用することで、送受信基本性能を大幅に向上させたモデル。送信出力の違いで「TS-590SG」「TS-590DG」「TS-590VG」の3タイプをラインアップし、希望小売価格はいずれもTS-590シリーズと同様の218,000円(税別)。

 
500gt

 

JVCケンウッドのHF/50MHz帯トランシーバー「TS-590Gシリーズ」

JVCケンウッドのHF/50MHz帯トランシーバー「TS-590Gシリーズ」。パネルデザインは前モデルのTS-590シリーズを踏襲しているが、ディスプレイ上部の機種名表記部分が異なっている

 

 JVCケンウッドのTS-590Gシリーズは、前モデルのTS-590シリーズと比較して、受信性能の向上(近接ダイナミックレンジ特性やAGCの改善)や、欧文モールス符号のデコード機能や、操作性向上のための機能が新搭載されている。同社発表によるTS-590Gシリーズのおもな特徴は下記のとおり。

(1)高いパフォーマンスを誇る受信性能と、優れた近接ダイナミックレンジ特性の実現
 21MHz以下の主要アマチュア5バンド(1.8/3.5/7/14/21MHz帯のCW/FSK/SSBモード)受信時に、1st IF周波数11.374MHzのダウンコンバージョン方式を採用。
 回路構成を見直し、1st Mixerとその変換ロスを補うPost Amp直後に、受信近接特性を決定するルーフィングフィルター(BW 500Hzと2.7kHzの6ポールMCFを標準装備)を配置したことで、妨害波が受信周波数に近づいても、ほぼフラットなダイナミックレンジ特性の維持を可能にしました。
 近接の強力な妨害信号が問題となるような受信状況においても、クリアに信号をキャッチできます。

(2)独自のDSPアルゴリズムによるIF AGC技術を採用
「TS-990」で開発された独自のDSPアルゴリズムによる IF AGC技術を採用。アナログAGC 回路も一新することで、小入力から大入力まで優れたAGC特性を実現しています。ルーフィングフィルターと最終的な選択度を決定するIF DSPフィルターの狭間に妨害信号があってもそのレベルに応じた最適なAGC制御により、ルーフィングフィルターの帯域幅を意識することなく運用が可能です。

 

近接ダイナミックレンジ特性とOUT BAND AGC CONTROL(同社発表資料より)

近接ダイナミックレンジ特性とOUT BAND AGC CONTROL(同社発表資料より)

(3)受信したモールス符号を表示できるモールス符号デコーダー機能
 受信したモールス符号を13セグメント表示部(8文字)にスクロールして表示が可能。ラジオコントロールプログラム「ARCP-590G」(フリーソフト)では専用のウインドウで文字列を表示できます(受信状況などによっては正しくデコードできない場合があります。和文モールス符号には対応していません)。

(4)よく使う機能や特殊機能を割り当てられるプログラマブルファンクション機能
 プログラマブルファンクション(PF)キーによく使う機能や特殊機能を割り当てることが可能です。従来のPFキーに加えてMULTI/CHツマミにプッシュSWを追加し、PF機能を割り当てることができます。

(5)クイック設定ができる新スプリットファンクション機能
 従来のスプリット周波数設定方法に加え、TS-990で定評のある、スプリット設定機能を装備。 これにより、2kHzアップ指定の場合には、SPLITキーを長押しし、テンキー「2」を押すと簡単に設定することができます。また、シンプレックス動作でXITのみONの場合には、XIT周波数をTF-SETで変更が可能。
 さらにテンキーは、バンドダイレクトキーとなっており、各バンドに3つのメモリーを持ち、普段使っている周波数をすぐに呼び出すことが可能です。

(6)その他の基本性能と機能

・ドライブ出力(DRV)コネクターを外部受信機用アンテナ出力機能に切り替え可能

・アンバーからグリーンまで10段階で色調が選べるLEDバックライト採用の大型ディスプレイを搭載

・VFO A/Bで独立してFIL A/Bを設定可能(スプリット運用時に便利)

・DATA用PTTは、フロント、リアのPTTを選択可能

・SSBモードの受信帯域幅可変は、HI CUT/LO CUTに加えWIDTH/SHIFTに切替えも可能

・60mm角ファンを2個装備し、大型ヒートシンクと一体になったアルミダイキャストシャーシ採用で長時間の運用にも耐えるヘビーデューティー仕様

・高速動作が可能なオートマチックアンテナチューナーを内蔵

・TCXO標準搭載による±0.5ppmの高い周波数安定度を実現

・475.5kHz帯のドライブ出力に対応したファームウェアをリリース予定

TS-590Gシリーズの定格

TS-590Gシリーズの定格

 なおJVCケンウッドは、従来のTS-590シリーズのユーザーに向けて、「TS-590Gシリーズで対応した新機能で、ソフトウェアで実現できる機能の一部は、ファームウェア・アップデートにより、TS-590S/D/Vにも対応致します。詳細は当社HP( http://www2.jvckenwood.com/products/amateur/hf_allmode/ts_590/ts590v2_j.html )にてご確認ください」とアナウンスしている。

 TS-590Gシリーズの詳細は、下記関連リンク参照のこと。

 

 

●関連リンク:
・HF/50MHzトランシーバー「TS-590G」シリーズを新発売(JVCケンウッド プレスリリース)
・TS-590Gシリーズ商品情報(JVCケンウッド)
・TS-590S/D/V Ver.2アップデート(2015年1月末公開予定)について(JVCケンウッド)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」