hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <現地リポート>JARL埼玉県支部主催「FOXハンティング」に18名が参加!!

<現地リポート>JARL埼玉県支部主催「FOXハンティング」に18名が参加!!

10月19日(日)一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)埼玉県支部が主催する「FOXハンティング」が、東松山市の大岡コミュニティセンターで開催され、県内外から集合した18名のアマチュア無線家が430MHz帯での“狐狩り”を楽しんだ。現地の模様をhamlife.jpスタッフがリポートする。

 

 

JARL埼玉県支部主催による「FOXハンティング」に集合した参加者たち

JARL埼玉県支部主催による「FOXハンティング」に集合した参加者たち

 

 

 2010年から毎年開催されているJARL埼玉県支部主催による「FOXハンティング」が、10月19日(日)朝に埼玉県東松山市の大岡コミュニティセンター(東松山ぼたん園)周辺で開催され、18名のアマチュア無線家が参加した。
 ルールは、1時間30分の競技時間内に大岡コミュニティセンターを中心とする半径750mの範囲に隠された、2匹の「FOX」(430MHz帯のFMハンディ機を使用)が1分間隔で発射するモールス信号(FOX1:MOE、FOX2:MOI)を頼りに探し出し、FOXに置かれた順位カードを持ってゴールするというもの。
 参加者たちはハンディ機に小型のビームアンテナなど、思い思いの装備で競技に臨み、好天の中、野山を駆けまわった。

 

会場となった東松山ぼたん園周辺は、起伏に富んだ地形と平坦な畑が混在している

会場となった東松山ぼたん園周辺は、起伏に富んだ地形と平坦な畑が混在している

 

参加者たちは思い思いの装備でハンティングに臨んだ

参加者たちは思い思いの装備でハンティングに臨んだ

 

発射される電波の発射源を探して原野を探索

発射される電波の発射源を探して原野を探索

 

参加者たちを悩ませた「FOX」はこんなシステムだった

参加者たちを悩ませた「FOX」はこんなシステムだった

 

FOX1を1番目、FOX2を4番目で発見し、総合第1位になったJO1RJY・内田好久さん(右)。埼玉県支部長から賞状と賞品を授与

FOX1を1番目、FOX2を4番目で発見し、総合第1位になったJO1RJY・内田好久さん(右)。埼玉県支部長から賞状と賞品を授与

 

なお、今回の「FOXハンティング」の上位入賞者は下記のとおり(敬称略)。詳細は近日、JARL埼玉県支部のWebサイトでも発表される。

 1位:JO1RJY 内田好久
 2位:JI1JCI 黒宮芳隆
 3位:JA1HDG 近藤健二郎
 4位:7N2PYA 蓮見和足
 5位:JA1EPO 立川喜一

 

最後に参加者と運営スタッフ全員で記念撮影

最後に参加者と運営スタッフ全員で記念撮影

 

 

●関連リンク:
・JARL埼玉県支部
・JARL埼玉県支部行事(FOXハンティング)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)