hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > JARDのアマチュア局保証業務スタートと2アマ養成課程講習会確定!--11月9日(日)~11月15日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

JARDのアマチュア局保証業務スタートと2アマ養成課程講習会確定!--11月9日(日)~11月15日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

11月4日の総務省公示で、TSSの1社だけだったアマチュア局の無線設備の保証業務に、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)が新たに加わり、11月10日から業務がスタート! そのニュースが1位にランクイン。さらに、翌日の11日に同協会へ最初の申込者が訪れたことを伝える記事が7位となった。2位には、電波監理審議会が「2アマ養成課程講習会」実施のための規則改正案に“原案を適当とする”旨を答申したという記事が。続いて、「<支部合同役員会で決議>JARL信越地方本部、管内で運用するJARL局は『道の駅』『湯けむり』などのサービスを行わないことを告知」が3位に7MHz帯SSBを中心に盛んな、アワードなどのサービス移動運用で用いられる独自番号に対して、運用者が発行するQSLカードにその番号の記載を求めていることが、「QSLビューローの転送増加の原因の1つ」と考え、JARL信越地方本部ではQSLカード転送費用の縮減への協力の意味も含め、管内で運用のJARL局については「基本的なナンバー(JCC/JCG、GLなど)以外は送出しない」と決議し周知を始めたというものだ。なお、11月11日の記事掲載後、同支部のWebサイトで周知されていたアワード名の例示を削除するなど一部の記載が変更されたことや、JARL公表の資料による最近のJARL QSLビューローにおける国内QSL/SWLカード転送枚数の情報を、hamlife.jpでは記事に“追記”している。

 

 

admin-ajax.php

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<注目の「保証料」も発表!!>JARD、きょう11月10日から「アマチュア局保証業務」をスタート

2)【速報】<2015年4月以降の開始が確定!!>電波監理審議会、「2アマ養成課程講習会」実施のための規則改正案に“原案を適当とする”旨を答申

3)<支部合同役員会で決議>JARL信越地方本部、管内で運用するJARL局は「道の駅」「湯けむり」などのサービスを行わないことを告知

4)<2.8kWAの発電機と電動で旋回するリモコンポールを装備>ランドクルーザー80系ベースの「放送中継車」がヤフオクに登場

5)【ハムフェア2014】<新製品リポート>八重洲無線、会場でHF~430MHz帯オールモード機(C4FM対応)「FT-991シリーズ」を電撃発表!!

6)<別冊付録は「CQ ham radio カレンダー 2015」>CQ出版社が月刊誌「CQ ham radio」2014年12月号を刊行

7)JARD、11月10日から開始した保証業務の窓口に「最初のお客様がいらっしゃいました!」と発表

8)<あなたのシャックに1枚いかが?>国土地理協会、 「平成27年カレンダー全国市町村マップ」を無料配布中

9)【追記:関東、東海、四国管内でも漏洩発覚!】<デジ簡の登録人氏名が閲覧可能な状態に>近畿・北陸の両総合通信局、電波利用ホームページの「無線局情報」で個人情報を漏洩

10)<通信手段に「アマ無線」も明記>中央非常通信協議会、11月12日から被災地と国(内閣府)との通信確保を目的に「全国非常通信訓練」を開催

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」